FC2ブログ
2019/10/03

虫除け(その3)

 その2の続きです。

 う~んやっぱな~ちゃんとしたメーカーの
それなりのがいいのかな~と。

 で、確かこれを導入する前に、もう少し小型の買ったと
思うが、よく覚えてない。
 昨年導入したのが前にも紹介した、薬剤をファンで
散布するタイプ。
20180720ツール03
 で、前回記事を書いた時は、1っ箇所だけ刺されたと書いたが
そのあとどうだったかな~記憶がない。
 その記事の時は、精神的に楽になったと書いたが
結局今年も導入どうしようか?っとなったとき
精神的に?問題が。
 いや、これね、アースノーマットみたいに
液体で、残量が見えるタイプだったらよかったんだけど
開封すると薬剤が拡散するタイプなんだよね。
 多分、使ってない(ファンが回ってなくても)自然にある程度
薬剤が減ってちゃうんじゃ。
 で今更ながらQ&Aみたら、使わないんだったら
薬剤外して密封しとけと。
 面倒くせ~それだと、開封後のもつ日数は保証できないんだろうな。
っとなると、毎日使うならともかく、週1とかで使う感じだと、
これ、まだ持つんかな?って考えながら使わなきゃいけない。
 当然、去年のを持ち越しは不可だな。
 う~ん、値段の問題ではなく、使い方的に不経済。
かつ精神的にもよろしくない。
 今年はいよいよアレに手を出すか、というところでその4に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/10/01

虫除け(その2)

 その1の続きです。

で、スプレーが色々面倒となれば、
無精できて安上がりのはこれしかない
って、まあそんなことないけど。
 リストバンド形式の虫よけ。
これなら、手にはめるだけ。
一応、全身カバーしてくれるんだよな?...
 で、一回使ってみたが、う~ん
まあ、私の用途には向かないことはわかった。
20191001ツール01
ここでその3に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/09/30

虫除け(その1)

 え~相変わらず、ツーリングネタを書く気になれず
ツールネタも溜まってるけど、色々書く気になれず
先週に引き続き、ツールネタ引き伸ばしシリーズ(笑)

 しかも、何点かは去年一旦書いてるし...
 時期的には保冷剤と違ってまだ役に立つし..

まあどうせ誰も覚えてないので、今年のネタのために
整理します。
 自転車に乗ってる時はあまり気にならないんだが
どうしても、自転車降りて散策というと、
 蚊を中心に虫刺されが気になる。

 本当は、蚊とかより、土山峠で眼にするヤマビルとかの
対策を考えたほうがいいんだろうけど、
 あと他にはマダニとか、平気で自転車の半ズボンの
格好で藪ん中入っちゃうからね。

 で、とりあえず携行してたのは一般的な虫よけスプレー
まあ、スプレーっていっても水滴てきなベチャベチャって
感じの簡易スプレーだが
 真夏のリアバックの自転車に置きっぱになるので、
この手の簡易スプレーじゃないと怖くて無理だしね。
20180720ツール01
 以前も書いたが、これもう10年近くリアバックに入りっぱなし
で、薬効切れてるんじゃ?というのもあるが
・はっきり言って面倒くさい
・面倒くさい上に事実上、手や首周り以外スプレーしょうがない
・夏場中心なので、これ汗かいて、薬剤肌に留まってるんか?

なので、藪に入る時の1/4回程度しか使ってないんじゃないか?
ということで、いい加減ちゃんと対策するかっとその2に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/09/27

暑さ対策(その12)

 その13があるかどうかわからんが、とりあえず
その11の続きで、今年のネタはこれでラスト。

で、最初に使ってみたのは、傾斜計と同じで
箱根のやすらぎの森に行ったとき、
 この時は、朝から湿気もけっこうあったし、
やすらぎの森についたら、半ズボンは汗でベチャベチャ
って状態だった。(再掲)
 この時はSTARTは6時で、気温29℃、湿度63%
20190803やすらぎの森082
 で、気温logはこんな感じ(青)、朝から走行なので
炎天下ってわけではないがそれなり。(再掲)
最低気温:25.5℃ 最高気温:35.3℃ 平均気温:29.3℃
最低湿度:48.6% 最高湿度:80.4% 平均湿度:68.1%
20190803やすらぎの森213
やすらぎの森についたのが9時すぎだから、丁度3時間使用。
その時の気温は
気温:33.6℃ 湿度:76.3%
しっかり30℃超えてます。
で、保冷剤はこんな感じって、写真じゃわかんないか
まあ、もう流石にふにゃふにゃ。
20190927ツール01
 もう少し持つかなって感じだったけど、まあ3時間もてば
十分だろう。
 これ、3個セットの販売なんで、その11に写ってましたが(再掲)
私は100均の保冷バックに残りの2個入れて
リアバックにいれて持ってきてます。
 なので、やすらぎの森で交換、この後帰宅まで問題なし。
帰宅は12時すぎだから、こっちも保冷バックから取り出して
3時間はもった計算になる。
 残りの1個は流石に同じ時間持たないと思うが、
コンビニでロックアイスとか買って一緒に入れとけば
持つ時間伸びるだろうし、
 まあ冷却十分か?っというと首だけではやっぱ不満が
あるが、それでも熱中症のリスクはだいぶ低減できるだろう。

 不満は他には、やっぱ首がしまるんだよな~フリーサイズとはいえ
規格外の保冷剤、しかも最初はカッチコチで後頭部にあたるんで
更に伸ばされて、結構首がきつい、スポーツ車は前傾だから
なんとかなってるというのもある。
これがなんとかなるだけでだいぶ楽なんだが...
20190925ツール01
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/09/26

暑さ対策(その11)

 その10の続きです。

さて、この保冷剤、届いてよく見ると
うん?冷却面?
最初なんのことやらわかんなかった。
でも、凍らせて取り出すと納得。
この冷却面と書かれた方は冷たいが、
そうでない面は冷たくないんだ。

考えれば当然なんだが、ICEBOXに入れて容器内を冷却
って用途ならそんなことは無いんだが、
体に装着して冷却って場合は、冷たいのは片面でいいんだよな~
わざわざ両面開放して、冷却持続時間を低下させることはない。
 やっぱちゃんとした製品で、考えられてるね。
20190925ツール01
で、私は、そのままではちょっと冷たいかなって気もしたので
ハンドタオルで巻いて装着。
冷却面が首側に当たるように注意してっと、
やっと、今年のアイテムは次回ラスト
20190925ツール02
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。