FC2ブログ
2019/10/09

虫除け(その5)

 すんませんね、日曜から腰痛で、机に座ってらんない...

 さてと、その4の続きです。
このネタは今シーズンは多分ラスト。

で、準備した森林香は、さっそく箱根のやすらぎの森に
行く時に試してみた。
 ってか、この日は、保冷剤に、斜度計に、ツールネタ3種
お試し日になった。
 で、いきなり自転車に付けてる。
いやね、いつも夏場、スタートまで駐輪場でモタモタ準備してると
さされるのよ、こんな具合
に。
なので、どれくらいの時間もつかを計測するためにも
スタート時点で点火。
20191007ツール01
で、まあ、その後、やすらぎの森でも引き続き煙出っぱなしで
刺されなかったかな?アブは近場にいたけど
 その次は、池の平散策で使ったかな?
オオセンチコガネにはまったく効果がなかったけど。

でも、アブは水汲み場で、肩に止まっていてっ!ってなったけど
煙を近づけたら、他の人の周りに飛ぶようになった(すんません)

その後も記事がまだ書けてないが、都合3回は使ったかな?
とりあえずOKだし、秋も引き続き使うだろう。
 来年はホタル撮影でも使うかね。流石に二桁以上刺されるの
つらくてやってらんないので。
 問題はホタルが近寄ってくれないかもだな...
まあ赤じゃなくて黄土色を使うべきだろう。

 あ、そうだ、で、どんだけもったのかなんだが
やすらぎの森の散策が終わって、駐車場に戻る頃に
ピッタリ、終了した。
20191007ツール02
 スタートからだから1巻で4時間30分もったね。
もっとも、この時は自転車乗りながらだから、
空気の流れが通常より大きいと思うので、
状況によってはもっともつだろう(実際、その後そうだったし)
20191007ツール03
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



2019/10/04

虫除け(その4)

 え~その3の続きです。

でまあ、私の求める虫よけは
-面倒くさくないもの
-基本全身カバーしてくれるもの
-不安なくつかえること
ってことかな。

まあ、当然効果があるものってのもあるわけだが、
これは使ってみなければわかんない。

上2つはね、まあ塗るタイプじゃなくて拡散タイプじゃなきゃな
っという結論となったわけだが(他にも選択肢あるのか、
私は知りません)
問題は最後だ、拡散タイプは薬剤残量の不安があったのは
気が付かなかった。
 で、ベープを購入前にも候補には上がってたんだ、
確かていじんさんのblogで紹介されてて、一応記憶に
刷り込まれていたんじゃないかな?
 ていじんさんは野外でお仕事されるので、この辺の知識が
半端ないので。多分効果あるんだろうな~とは思ってた。
 で、ついに導入となったのが虫よけの蚊取り線香タイプ。
児玉兄弟商会の森林香
こんなん、ていじんさんのblogを訪問してなければ
頭にかすりもしなかった。森林業者御用達ってことみたいなんで
効果も間違いないとは思うが、
 これは、通常?とパワーの2種類がある。
amazonとかだと人によっては匂いがとかあるし、
いきなりパワーはな、体に合わないともったいない、ということで赤でなく
黄土色の方を購入。
 ※製品のページを見ると蚊取り線香や獣よけとかもあるみたい。

 蚊取り線香ではなく、虫よけです。殺すわけではない。
っというのも何気にいい、別に虫を殺したいわけではない、
寄ってこなければいいだけ。
 蚊に刺されるんだって、痒くならなければここまで
羽音にはいらつかないと思う...
20191004ツール01
 で、なぜこれを知っていながらベープの方にしたか。
理由はね、タバコ吸ってる人ならそんなこと気にしないんだろうけど
ライター携帯することになるのか、使ってる時は火を抱えて活動する
んだよな~っと、今一不安だった。
 慣れてないと、認識が小学生並みですね...
 でも一方で、時々火種があった方がいいと思うことが
無いわけじゃない。
 水神さんでお線香をあげるときなんか、ライター切れとかあるしね。
 ということで、今シーズン思い切って購入。
というところでその5に続きます。
20191004ツール02
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/10/03

虫除け(その3)

 その2の続きです。

 う~んやっぱな~ちゃんとしたメーカーの
それなりのがいいのかな~と。

 で、確かこれを導入する前に、もう少し小型の買ったと
思うが、よく覚えてない。
 昨年導入したのが前にも紹介した、薬剤をファンで
散布するタイプ。
20180720ツール03
 で、前回記事を書いた時は、1っ箇所だけ刺されたと書いたが
そのあとどうだったかな~記憶がない。
 その記事の時は、精神的に楽になったと書いたが
結局今年も導入どうしようか?っとなったとき
精神的に?問題が。
 いや、これね、アースノーマットみたいに
液体で、残量が見えるタイプだったらよかったんだけど
開封すると薬剤が拡散するタイプなんだよね。
 多分、使ってない(ファンが回ってなくても)自然にある程度
薬剤が減ってちゃうんじゃ。
 で今更ながらQ&Aみたら、使わないんだったら
薬剤外して密封しとけと。
 面倒くせ~それだと、開封後のもつ日数は保証できないんだろうな。
っとなると、毎日使うならともかく、週1とかで使う感じだと、
これ、まだ持つんかな?って考えながら使わなきゃいけない。
 当然、去年のを持ち越しは不可だな。
 う~ん、値段の問題ではなく、使い方的に不経済。
かつ精神的にもよろしくない。
 今年はいよいよアレに手を出すか、というところでその4に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/10/01

虫除け(その2)

 その1の続きです。

で、スプレーが色々面倒となれば、
無精できて安上がりのはこれしかない
って、まあそんなことないけど。
 リストバンド形式の虫よけ。
これなら、手にはめるだけ。
一応、全身カバーしてくれるんだよな?...
 で、一回使ってみたが、う~ん
まあ、私の用途には向かないことはわかった。
20191001ツール01
ここでその3に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2019/09/30

虫除け(その1)

 え~相変わらず、ツーリングネタを書く気になれず
ツールネタも溜まってるけど、色々書く気になれず
先週に引き続き、ツールネタ引き伸ばしシリーズ(笑)

 しかも、何点かは去年一旦書いてるし...
 時期的には保冷剤と違ってまだ役に立つし..

まあどうせ誰も覚えてないので、今年のネタのために
整理します。
 自転車に乗ってる時はあまり気にならないんだが
どうしても、自転車降りて散策というと、
 蚊を中心に虫刺されが気になる。

 本当は、蚊とかより、土山峠で眼にするヤマビルとかの
対策を考えたほうがいいんだろうけど、
 あと他にはマダニとか、平気で自転車の半ズボンの
格好で藪ん中入っちゃうからね。

 で、とりあえず携行してたのは一般的な虫よけスプレー
まあ、スプレーっていっても水滴てきなベチャベチャって
感じの簡易スプレーだが
 真夏のリアバックの自転車に置きっぱになるので、
この手の簡易スプレーじゃないと怖くて無理だしね。
20180720ツール01
 以前も書いたが、これもう10年近くリアバックに入りっぱなし
で、薬効切れてるんじゃ?というのもあるが
・はっきり言って面倒くさい
・面倒くさい上に事実上、手や首周り以外スプレーしょうがない
・夏場中心なので、これ汗かいて、薬剤肌に留まってるんか?

なので、藪に入る時の1/4回程度しか使ってないんじゃないか?
ということで、いい加減ちゃんと対策するかっとその2に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。