FC2ブログ
2019/07/18

機材沼、レンズ沼(その8)

 楽寿園は今週中に終わりそうもないしな~
っというか記事書くに間に合わないし...

 んで、ここんとこの天気で全然撮影できな~い
っと、あれこれ考えが発散してしまう。
 ということで、別に続きものってわけではないが、
物欲を抑えるために、頭の中を整理しますか。

なんの?っというとズームレンズ。
ことの発端は、今年の1月、オリンパスから超望遠レンズと
テレコンを発売する
よっとのニュース。
レンズが400mmで、1.25xのテレコン内臓で
さらにx2のテレコンも発売されると。
35mm換算だと2000mmが実現できる。

今の鳥見は、
LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.
を使ってるが、これは換算800mm、
やっぱちと望遠が足りず、クロップもしばしば。
あと、最近のロットはそうでないらしいが、ズームが結構キツイんだよね
これが操作しづらい。私は当然オクの中古なので
価格comでも問題しきりのVer

今回は文字ばっかなので、興味ある方のみどうぞ。

続きを読む

2019/02/15

機材沼、レンズ沼(その7)

 その6の続きです。

さてと、一脚を準備して、さっそく鳥撮を
っと思った2/2、そう、あのレンズを持ってって
カメラ本体を忘れるという大ぽかをした日
です。
レンズの下に棒の先端が写ってますね(再掲)
20190202御殿場031
なので、実際に使ったのは翌日の2/3から
こんな感じで持ち歩いてたから、大砲ではないけど
普通の人から見たら大砲と一緒だよな。
20190215ツール01

続きを読む

2019/02/14

機材沼、レンズ沼(その6)

 その5の続きです。
なんで続き物にしたか...小学生の落書きレベルの
絵を書くのにも苦労したから...。
 マウスでイラストとか描ける人尊敬するは。
まあ、私の場合、紙と鉛筆でもこのレベルだけど..

 んで、なにが鳥撮で辛くて一脚を購入したかって~っと
まあ、blog訪問してくれてる方は覚えてる方も居ると思いますが
柿田川での撮影とか、私は遠いとか言ってますよね
 この時は本当腕が疲れた(再掲)
20190127ポタ25
これどういう感じに撮ることになったかというとこんな感じ
カメラについてる緑のがストラップで、それを首にかけて
首を支点にして、大砲レベルではないが、そこそこの重さの
前方重心のカメラを斜め上に持ち上げて、
片手でピントを操作、片手でシャッター..これ苦行です。
ファインダに目をつければオデコを抑えに使えるんだが、
ピントの調整で倍率拡大とかの画面は液晶じゃないと
私は使えません(ファインダーで拡大するのか?)
なので、イラスト上はカメラが頭に付いちゃってますが
実際は、そこは空間が空いてます。
 しかし、もう少し絵なんとかならいかと、本気で思うわ、
あ~恥ずかしい。
20190214ツール03
小学生低学年レベルの絵にお付き合いくださる方のみ
続きをどうぞ(笑)

続きを読む

2019/02/13

機材沼、レンズ沼(その5)

 え~っと、最近は、せっかく買ったんだし~
っと、TZ-85だけでなく、鳥撮用には
GX7mk2+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm
          / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.
を持ち出すことにしだしてるんだが、
これが辛いんだ。
特に、AFが合わなくてMFに変えようものなら
う~ん、苦行。というのもレンズが1kg近くあるんだ、
いくらカメラが400gで軽量と言っても、う~ん無理。

で、頻繁に持ち出すなら、三脚?とも思ったんだが、
三脚めんどう臭いんだよね、それに重いし。
だもんで、星空撮影でしか使っていない。
そもそも一番行く柿田川公園の木道じゃ、
スペース的に三脚はどうなのよ?ってなる。

ということで一脚を購入することにしたが、
これがまた、選択どうしようか?っとなる。
第1の理由は別記事で書くとして、それが一番躊躇した理由
だったんだが、
第2の理由は大きさ(というか縮長)、これが大きいと
持ち歩く気がしないんだよね、三脚がいい例、
なるべく持ち運びしやすいサイズを選んだつもりだが、
重いのも相まって、上記の通り星空しか使わない。
道具は使ってなんぼだよな~というのがあって、
最終的に第1の理由はなんとかすることにして
第2の理由で選択した。

 しかし、そう単純でもなくて、その選択を躊躇する
第3の理由がある。
 つまり、第1・3の理由では選ぶの躊躇したが
第2の理由で選択したと、
 まあ、買ったのは、Verbonウルトラスティック スーパー8
なんだが、こいつは縮長26cm、重さは347gとそこそこあるが、
これなら、私のリアバックにもギリギリ入れて持ち運びが可能。
20190213ツール01
気に入らない第3の理由は、これVerbonのダイレクトコンタクトパイプ
なんだよね、それのおかげで、この様に伸縮比6倍で1.56mまで
伸びるんだけど..
実はVerbonの三脚も購入してて、やっぱ脚がこの方式なんだは、
どうも使い慣れなくてね~、
※レビューしてないが、以前のよりコンパクトにたためるので
  VerbonのUT-45を購入してる
 マクロ用の三脚(Ultra453ミニ)も購入しているから、
三脚沼もズブズブだ、しかも、これもVelbonのダイレクトコンパクト..

本当は一般的な伸ばしてパッチンって留めるタイプのほうが
長さ調整を細かくしやすいんだけどね、
でも持ち運ばないと意味ないし、っとこいつを選びました。
で、この話はその6に続きます。
20190213ツール02
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2018/12/29

機材沼、レンズ沼(その4)

 本当は、今日はネタ込の走りの予定だったが
どうも体調がよろしくないので自重。
 で、沼の続きでも、っと思ったが、
沼にハマってる記事で〆に近づくのもやだな~っと、
まあ、どうせ沼の状況はいつかは書かなきゃ
いけないので、とりあえず来年に向けて
前向き?な内容にしようかと、
 まあ、頭の整理かな。(すんません文字だけ)

 頭の整理の対象はフルサイズ用の超広角レンズ。
当初は広角って、星景用のつもりだった、
広い風景は別にパノラマ使えばいいしと思ってた。
 ところが、パースの効いた写真がいいな~っと
思い始めて、そうするとパノラマ合成というわけには
いかない、しかも寄れる方がよりパースを効かせられる。

 現状フルサイズ用は、どうも中途半端で出番が無い
smc PENTAX-FA 20-35mmF4AL
 個人的には周辺減光は気にならないので、
実際は以下のAPS-C用を使用している。
smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM

どちらも、14mmからけられずに使える。
どこまで寄れるかだが、
FISY-EYEが14cm、SIGMAが24cmでAF。
ってことを考えれば、それで我慢しろよと言われそうだが、
もう少し広角がとかついつい考えてしまう。
※フルサイズのFA20-35は30cm..やっぱ使いどころ無い。

でKマウントで使えそうなフルサイズの超広角は
1)SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL
2)LAOWA 15mm F4 WIDE MACRO
3)LAOWA 12mm f/2.8 Zero-D
4)SAMYANG 14mm F2.8
5)Irix 11 mm F/4.0

1)は最短撮影距離28cm AF 中古のみ
2)は最短撮影距離14cm MF 新品
3)は最短撮影距離18cm MF 新品
4)は最短撮影距離28cm MF 新品
5)は最短撮影距離28cm MF(EXIF可) 新品

寄れるの考えると2)か3)、ただ2)はFISH-EYEと
画角がかぶる
5)は一番広角だが今一寄れないしMF
1)はAFだが、現状より2mm(広角はこの差大きいが)
だけで寄れないし、
4)は寄れないし、画角もかぶる

で、頭を整理するため、これはPENTAXだから選択肢が
少ないのかと思って調べたが、CanonやNikonでも
それほど変わらない。

う~ん、現状で満足すべきか、不満があっても
手を出すべきか悩むな~
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ


三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。