FC2ブログ
2020/02/24

こういうのいいんだけど、あ~あ(その15)

色々話が飛んで、すんません。
ラス1になってたこちら先に終わらせます。
-----------
 その14の続きでラスト。

まだ最初のインプレ記事です。
Unistellar eVscope Information (4.5" Newton)

Interlude...

I had a success rate of 4:20 when switching
the eVscope on for testing testing the behavior.
動作不安定は続くと、4:20って、
電源ON/OFFがうまくいく確率20%ってこと?
I describe the observations elsewhere!
その後の観察結果は別セッションでか

さて次の章
A Second Attempt...
On February 10, 2020 the new microSD card arrived;
this time it was loaded with the software as promised.
I exchanged the cards and everything seems to work
as desired. Now the control software is loaded again
in 5-6 seconds!
The future will show whether all the problems are
solved with this.
うんまあメカ的な問題を疑ってるけど、新しいSDCardで
トラブルが起きなきゃいいね。
で、写真は2回目の交換と

Message "No Internet"
この手のわけわからんメッセージは困るね
In fact, everything is fine, and the app correctly
connects to the eVscope (at least most of the time...)
うん、WIFIだけつながってりゃいいんだよね?
ネットにつながらないとダメとなったら、
私はipod touchなので使用不可となる。

First Conclusions
ということで、この方のファーストインプレ
In progress
うんまあ、それは了解済みです。
購入したばっかだし。

my first tests with the eVscope confirm that the Atik Infinity
delivers better results than the eVscope - with a much
higher effort than when using the eVscope. And that is
what it was about for me as well!
そうですね、カニ星雲の写真を見るとeVScopeの方がよさげ
ただ観測条件が同じじゃないから、そこはなんとも。
ただ操作はeVScopeの方がはるかに簡単というのは
そうでしょう
(ってアプリの具体的な使い方は私にはわからんけど)

The photos I took with the eVscope have a look that
lies between what you can see in a normal telescope
and what "real" astrophotos show.
うん、そりゃ専用の天体撮影で手間暇かけたレベルを
期待しちゃいかんでしょ。
でも、そのまま望遠鏡を覗いてもほとんど見えない
だから、その中間に位置するって言えるんだったら
当初のコンセプトは実現できてるっていっていいんじゃないかな
いわゆる作品作りの天体写真(レンズの収差がどうだとか
いろいろこだわる方は)そちらで楽しめばいいんだし
それだって昔のフイルム時代に比べれば
便利になって、間口が相当広がってるだろうから

で、自分はどっちだって?
いや天体写真チャレンジ中で、とりあえず撮れることを
目指してるので、それだったらeVScopeでいいのかな?
そういうのはいろいろ撮れだしてから
自分の方向性は検討するということで
現時点は保留でお願いします...
まあ、自転車で自走を考えると現時点のモデルの
大きさは厳しいけどね。

※多分、eVScopeにも撮影/観察モードがあって、
ある程度天体に合わせて調整できるとは予想。

It could be used to access the wanted DSO, and
then the object found with the visual telescope
could be compared with the image in the eVscope.
うん、ぜひ同じ観察条件で比較をしてもらいたいな~

さて、とりあえずこのシリーズは
一旦ここで区切り、気が向いたときに
いろいろアップデート確認されたら紹介するかも
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



2020/02/22

こういうのいいんだけど、あ~あ(その14)

 その13の続きです。

引き続き他人のふんどし記事状態。
Unistellar eVscope Information (4.5" Newton)
の続き。

...and its Solution?

I was able to "go into action" on the same day
(which delayed our lunch a bit...)!
いやまあ細かい記述だが、気持ちはわかります。

(although I later noticed that close to a window
I could not tell whether the LED was glowing
purple or red ...).
う~ん、LEDの色で状態表示はよく行われる方法だが
識別できないのは困るね、色使い、製品として
問題がありそう。

Then I tried the new microSD card. Again, the LED
was glowing permanently purple after switching
the eVscope on! So I was more helpless than
ever before - and not in a good mood either..
あ~これで解決と思った矢先これはつらい。

.And neither did I imagine that the eVscope would
work with an empty card at all - I actually had
expected a card loaded with software.
まあ、そうだよね、この手のでSDcardだとなると
そこにSWが入ってると思うよね。
SWは一時的なDLでSDを使用して、展開して内部に
保持してるんかな?

So, as a "last resort", I tried the old card once again.
And suddenly everything worked: A few seconds after
switching on, the LED changed from purple to red as
it should be (and as the technician had described it;
this was the loading time for the software)!
自分でもそうするな、できることってもう一回SDcardを
差し替えるとかそんぐらいしかないもん。

In between, I had mixed up the two microSD cards,
because I got more and more confused during
the action and did not know anymore, which one was which.
はい、ありがちです、私なんかしょっちゅうです。
手順が悪いというかなんというか..ついつい
目の前の(早く行いたい)作業に行っちゃうんですよね...

After that, everything worked properly again for
the time being. So the whole thing unfortunately
still remains unreliable (this is also typical for
mechanical problems)!
こういうの使用者としては一番困るんですよね。
いつトラブルかもしれない状態で使い続けるって..
製品の世代が上がっていけば、安定していくのかな、
でもな~、おフランス製(製造は違うだろうけど)
品質問題どの程度突き詰める気があるか不安ではある。

I then asked the Unistellar technician about the brand
new microSD card. And indeed, he confirmed my
suspicion that the eVscope does not work at all
with a blank card.
そうそう。これはやっぱ、そもそもおかしいよね
ブランクカードというのは

He wanted to send the card quickly - too quick, as it
turned out - and so he forgot to load the software
before sending the card..
まあキックスターだし、トラブル対応が出荷製品の
かなりの数で発生したとすると、担当者に同情はしますが
やっぱSWが入ったSDcardが届くはずだったのね..

ただ、このSWのOSなんだろう?
この方はMacでSDCardの中身を確認したみたいだが
ファイルシステムが違うと見えなくてもおかしくないが。
まあこの方はSW技術者なので、その辺は私なんかより
詳しいだろう。

(in the sessions, the card probably lost contact
through the movements of the tube). Electronics
do not break down that fast nowadays!
So the "automatic" exchange of the microSD
card is probably nonsense (or at least unnecessary)..
うん、多分この方の見立てがあってる気がする。
SDCardの品質というより、メカ的な動きに対して
構造的に基盤になんかストレスがかかってる
可能性あるね。

その下の写真が、実際にSDCardの交換作業か。

で次の章が
Interlude...
まだ続きがあるようです、次回ラスト
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2020/02/21

こういうのいいんだけど、あ~あ(その13)

その12の続き。

引き続き
Unistellar eVscope Information (4.5" Newton)
っと、最初のインプレ記事の続きです。

My First Big Issue...
ということでなんか問題が発生したようだ。
I was no longer able to switch it on correctly.
That is why I cannot even move the tube to the park
position anymore, because without a WLAN
connection you cannot effect anything.
あ~スマホ操作前提だから、接続がうまくいかなくなったら
なんもできんと...それはちょっと怖いな...
出先に持ち出しててこの状態になったら
気軽にバラシて持ち帰ることできるのか?

I was terrified of the thought that I might have
to send the eVscope back to Unistellar..
あんなでかいの再パッキングして送り返すの面倒...

The support team therefore offered to send me
a new SD card* and instructions for replacing
the SD card. In addition, I would have to buy
a special screwdriver to loosen two housing screws.
SDCardの問題か、ありがち、
しかし特殊なドライバー操作は避けたい..
.
the screws were referred to as Torx 10
security screws
Amazon (probably from the USA, the prices were in dollars).
For a quick delivery, I had to pay extra (total costs about 25 EUR)
25ユーロって3千円か、それも自腹か..

トルクスって、あ~なんか見たことある
当然、私もこんなん操作できるドライバー持ってません。

あ、次の章もまた長い...
...and its Solution?
ここでその14に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2020/02/20

こういうのいいんだけど、あ~あ(その12)

 その11の続き

引き続き、
Unistellar eVscope Information (4.5" Newton)


Brief History of the eVscope
パスでいいかな?

Who is Behind the eVscope?
もパス。

Unboxing..配送サイズでかいぞ
Box weight: 17.25 kg
Box size: 800 x 575 x 300 mm (L x W x H)

The Box Content...
キャリーバックも一緒に購入されたのか、
望遠鏡に三脚でパツンパツンだな。

Backpack (mostly with Tripod)
この方、身長何cmあるんだろう、
多分自分より背高いだろうな~
背負うと頭ぐらいまでの高さになるのか..

Photo Attempts
First Photo Attempt with the eVscope

さてと、肝心の画質だが
The following photos were taken during my very
first observation night (January 28, 2020) with the eVscope.
For some objects, there are comparison images available,
which I took with the Atik Infinity camera.
ということで、自分で組んだAtik Infinityと比較画像を
載せてくれてる。さすがに同じタイミングではないだろうけど。
Atik Infinityは、撮影後処理した画像だよね?
しかもこれまで紹介したように何回も挑戦したやつかな?
なんかパッと見、両者にそんなに差がないような
これ、その場で(多少waitが発生しても)見れるってことだよね。
気軽にこれだけ楽しめたら十分じゃ...

First Experiences
Very First Experiences

I was able to control the telescope with the joystick.
ふ~んアプリでいろいろ操作するのが基本なのね。
Overall, it is my impression that the app still works
very faulty and that many "strange behaviors"
are caused by the app.
うん、まあしょうがないやね。

My First Observation Evening
で翌日
I very soon had M 42 on my iPhone screen.
I was so astonished and pleased that I did not pay
attention to the focus at first.
特にセッティング苦労すせずにというか
焦点を調整せずに?オリオン(M42)がiPhoneに映ったと。

A focus attempt in Enhanced Mode
なんだろう、これはより厳密にフォーカス調整するのかな?

So I moved on to M 1. The same again! Then I thought
I should better take a look through the eyepiece,
I had only used the iPhone, and lo and behold,
there I saw M 1 brighter than I had seen
the nebula ever before!
M1ってカニ座..て、動画で酷評レビューしてた星雲じゃん。

First Photo Attempt with the eVscope
の一番topの写真か、この間の動画よりクリアだぞ。
となると、品質は例によって機材以前に
空の状態(天気・透明度、光害)に依存されてるんじゃ..

あ、でも次の章が
My First Big Issue...
ここでその13に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2020/02/19

こういうのいいんだけど、あ~あ(その11)

 奇士さんが教えてくれた動画からすると
Video Astronomyは
電視観望というらしい、その用語でググったら
星ナビの3月号で電視観望を特集してるらしい
買ってみようかな~
本当、用語がわからないと情報把握できない..
翻訳サイト片手によくわからんてやってるより
日本語で情報得られる方がいい、
eVScopeやPALpandaに限らず、国内でも色々やられてるらしい。
奇士さんには感謝です。
------
 その10の続きです。

Atik Infinity Colour Camera - First Experiences
で、Gerd Waloszekがいろいろチャレンジされた
(記事上は全8回)の4回目の記事から。

Fourth Attempt
はい、天候の問題苦労されてます。
ドイツの冬の空でもなかなかチャンスないようです。

Fifth Attempt
For December 31, 2017, rain was predicted
for the evening, but the sky was nearly
clear at sunset.
大晦日の夜にチャレンジです。
Only focusing is somethings that I have not
yet "maxed out"... Again, this test showed
that post-processing can improve the results.
ピントの問題は残るが後処理では以前より
よさげな結果を得たと。
I would like to mention another issue, which
beame clear to me only after I had dealt in more
detail with the Atik Infinity software. I saved the
images in JPEG format during the observation,
and with the 8-bit checkbox unchecked.
Therefore, I assumed that the images were
in 16-bit format, although I should have known better:
images have only 8-bit color in JPEG format,
and accordingly, my image editng applications
displayed them as "8-bit."
ありがちなUIのわかりずらさ、
今回はJPEGに対して後処理したのかな?

All in all, I am quite satisfied with the results
of this test and thus - almost - finish my
"First Attempts" section.
少なくとも環状星雲は以前のより随分よさげな気がする。

Aftermath: Comparison with Images that Were
Created from Replay Mode Stacks

あ、上の8bitの問題含めて比較してくれてる。
比較写真を見ると、やっぱデータ量増えるけど
RAWとかで保存しないとって感じだな。

Sixth Attempt
On January 14.1, 2018 there was finally another
clear night, and so I finally managed to try out
the Atik Infinity on my Skymax-127.
この方は定年だろうから週末を待つ必要がないと想像するが
それでも冬のドイツの空で観察できそうな次のタイミングが
2週間後...厳しい。
今回は主にアンドロメダを中心に撮られたようだ、
アンドロメダ、私も挑戦中、まだ記事書けてない....

Seventh Attempt
On February 12, 2018, the sky was finally clear
again, so that I built up my Explorer 150PDS telescope
with GoTo mount, but actually in order to get my new
Celestron StarSense module up and running in the
second attempt - in the first one, I had failed.
次がまた一月後か...
今度はオリオンか、はいオリオンも挑戦中です...
クオリティーは私はなんも言えんので、
この辺は奇士さんのヘルプが必要だな~

Eighth Attempt
On February 21, 2018, the sky was clear again,
so that I built up my Explorer 150PDS with
GoTo mount once more.
中略
The results were satisfying, but the moon photos
were not as sharp as I had hoped for.
ということは月が出る中でも月以外も撮ったのかな?

Preliminary Conclusions
Focus or not?

As a "first information," I can already pass on
that I cannot use the Atik Infinity camera on the
Heritage 100P as such, because the camera does
not come into focus, that is, delivers only blurry images.
最初に書かれたように、この望遠鏡とカメラの
組み合わせでは難しいと。

Only Poor Results at First, but Now I Can See
Light at the End of the Tunnel...

The results I initially achieved with the Atik Infinity
camera are certainly way inferior to what can
be achieved with it. Nevertheless, I already "saw"
more with it than I was able to find so far
when observing purely visually.
カメラそのものにはディスプレイはないから
PC上でその場で見た、ってことなんだろうな。
これまで天体望遠鏡で色々経験値が高い
Gerd Waloszekさんからして、こう言うってことは
やっぱ、eVScopeより手間暇はかかっても
即時的にその場で見れるという感覚は
格別なんだろう。

Positive Aspects of "Quick-and-Dirty
Astronomy Photography"

品質は悪くても即時性の天体写真の価値
(まあ後処理前の画像を見るとそういう言い方になるね)
Firstly, I can "see" objects with the camera, which
I am not able to find for a number of reasons
when observing visually.
経緯台+裸眼と+カメラの比較かどうかわからん。
少なくとも経緯台自体を今回初めて導入されたようなので
カメラで見れる以前に、星をメカ的に導入してくれる話も
入ってるかもしれない(とはいえ、そもそもの経緯台も
ターゲットの星を見つけてキャリブレーションが必要
みたいなんだが...いや経緯台使ったことないので)

And the image also shows certain object features
that I normally cannot remember and quickly
forget after observing. Later, you can find
something like "a faint glow" or "nice"
in my notes, which tells you close to nothing.
これ重要だよね、星空に限らず、サイクリングでも
写真枚数がどんどん増えていった理由がこれだ
ただ記事が溜まりすぎて、早く記事を書かないと
写真を見ても思い出せるかが....
早くこのシリーズ区切り付けないと
訪問者から、このblogは何のblog?
っとキツク言われそう...

Size Seems to Matter...
これは望遠鏡の口径とターゲットのサイズや
解像度の関係かな?
まあ、この辺はいろいろ議論がされるネタみたいだし
Gerd Waloszekさんがいうように縛られないで
いきましょうか。

ということで、ここではそもそも奇士さんから
言われた光害の問題は触れてない。
光害はな~別途ちょろっとググった感じだと
そもそも整理された情報が見つからないので
宿題に回させてください。
流石に、このシリーズ内でやってくのは無茶そうなので
ということで、次回やっとこさ
eVScopeの話に戻ります。
※宿題赤字にしちゃった..大丈夫かな..
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。