FC2ブログ
2020/03/08

キャンドルうまく撮れるかな?(その7)

 今日は雨予報だったので、買い物は昨日のうちにすませたが
先週のスーパーではカップ麺とかなかったが、今週は普通通りだった。
先週棚にないときは、一瞬、余分に買おうかという心理が働きました、
まあなんとか思いとどまったけど。

 訪問させてもらってる方々のblogでも、一連のペーパー騒ぎには
うんざりしてる方々が多いが、きっかけはデマでも、
これを鎮めるには、報道の仕方とかに、社会心理学者の意見を
聞くべきだと思うがな~少なくとも、この記事とかみると
大半の人はデマとわかってても買占め心理が働いてるみたいだから
単純に在庫はあります、報道じゃこの問題は解決しないかと。

 最もこの記事なんかはマスゴミの問題が如実に表れてるけど
記事の内容に対して内容に反するキャッチ~なタイトル...
※コメントでもたたかれてるよね、編集はどう考えてるのかね。
 そういえば一寸前に、日本人の読解力の問題がなかったっけ?
 タイトルだけで中身見ない・理解できない人もいそうだよね~

 読解力報道の元になった調査は、これによると、新聞や書籍とか
じゃなくてblogや宣伝サイトとかの情報理解力みたいだから、
まあ今問題になってるネットリテラシーそのものだ。
 最もこの記事では読解力低下はミスリードといってるが、
本当かな~(っていうか章にそうつけるなら、そうきちんと発言
書いてほしい..)

 で、一つの原因としてPC操作を挙げてるが、こっちの記事では
前回の操作もPC操作で、その言い訳は苦しいと書いてる。
 ちなみにこの記事では出題例のリンクが載ってます。
 でまあ、この記事の様に分布をみると、一定レベルの著しい
低下の層がいることが問題としてるが、
今回の様な問題のきっかけではあると思う。

 で、上記理由(現在はスタートのデマの問題ではない)で、
記事では改善に製紙会社の在庫アピールを例として取り上げてるが、
それだけでは不十分と愚考します。
-------------
 その6の続きでラスト。

最後はキャンドルを複数まとめて、
いや、さっきから結構暑いんだ部屋の中。
キャンドルがたくさんだから?
撮って出し
20200118キャンドル32
撮って出し
20200118キャンドル33
左:撮って出し
右:DxO ポエム
20200118キャンドル34 20200118キャンドル35
左:Analog Efex 二重露出
右:Color Efex ハイキー強く
20200118キャンドル36 20200118キャンドル37
撮って出し
20200118キャンドル38
DxO:古いスライド..フィルタータイトルと違い、
こっちの方が派手になった。
20200118キャンドル39
作家さんと狭い中二人きりだから、しゃべりながら撮ってたんだが、
なに話したかほとんど覚えてない...
作家さんの話だと定期的にこの、みしま未来研究所も借りてる
という話だったんだが、お客さんが来ないので~とか言ってた。
Facebookを見ると藤枝や静岡での開催の方が多いのかな?

いや、ここ一応、住宅街っぽいけど、
すぐ近くに三島大社だし、(前に書いたはずだが、見つからない..)
ここは鎌倉古道なんだよね。
だから観光地的には、本来はそれなりのルートではあるはずなんだが、
三島市とかであんま、こっちのルートを導線にしてないんだよな。
このパンフは箱根から三島大社までで、肝心のその先書いてないし。
三島 鎌倉古道でググると、トップの地図が、ちょうど
三島大社から、広小路までのこのルートがでるんだけどね..
まあ、特に歴史的なものがあるわけではないが。
20200118キャンドル41
最後はあまり光が漏れてないタイプで〆
撮って出し
20200118キャンドル40
Analog Efex ビンテージカメラ
20200118キャンドル42
Color Efex 周辺減光 オフセンターヴィネット
20200118キャンドル43
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



2020/03/06

キャンドルうまく撮れるかな?(その6)

 その5の続きです。

左:撮って出し
右:HDR efex、ウォームディープ
う~ん、こんだけ暗いのHDR処理で持ち上げると
ノイジーだな、味があると言えるか?
しかし、下の方に緑があるとは撮って出しではわからんよね。
20200118キャンドル26 20200118キャンドル27
で、なんで下に写るかって~と、
作家さんの作品なので、ちゃんと奇麗に見えるように
下にプレートがあります
撮って出し
20200118キャンドル28
左:撮って出し
右:Dfine よくわからん
  コントラストノイズ150%
  カラーノイズ150%
※解説見たらノイズ除去か、まあこの印象の差は
 ノイズというよりJPEGとRAWの差だな
20200118キャンドル29 20200118キャンドル30
ということで上のHDRをDfine、160%でやってみた。
もともと縮小してるからな~ぱっと見のノイジーに見えるのは
もっと大きい領域だな~
20200118キャンドル31
あ~ダメだ終わらなかった、次回ラスト
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
2020/03/05

キャンドルうまく撮れるかな?(その5)

 え~あっちこっち記事ぶった切り
今週中に終われるかな、
キャンドル練習のその4の続きです。

さてと、屋外の撮影を終了して、本題のキャンドル。
NIKCollecttionのAnalogEffectのビンテージカメラ
撮影は全部同じ
KP+HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited
20200118キャンドル18
左:撮って出し
右:DxO ローファイ
20200118キャンドル19 20200118キャンドル20
撮って出し
20200118キャンドル21
左:撮って出し
右:DxO 古いスライド
20200118キャンドル22 20200118キャンドル23
NikCollection ColorEffect 
左:デュプレックス:ローズグラス
右:色スタイル:やわらかいクールトーン
20200118キャンドル24 20200118キャンドル25
あ~これを機会にNIKCollectionのフィルターを
色々試してみようと思ってるんだが、フィルター多すぎ..
ここでその6に続きます。
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2020/01/31

キャンドルうまく撮れるかな?(その4)

 今週は訪問もあまりできず、
いろいろ余裕なし、一本ぐらいはできる範囲で
その3の続きです。

灯りをとる設定のまんま、
さすがにこれは暗いので、RAW現像。
ふ~ん、レンタルスペースなのね。
20200118キャンドル11 20200118キャンドル12
この辺はまだ、WBはペンタ独自のCTEで撮ってたようだ
露出だけでなんとかならんか、やってたのかな。
明るすぎて、暗すぎて...
20200118キャンドル13 20200118キャンドル14
縦に変えたり、WBをこの辺で日陰に変えたようだが
なんかなにをどう撮っていいんだかわからん。
しかもこれ、手前にも奥にもピント会ってない...
20200118キャンドル15 20200118キャンドル16
あ~ダメだ、わからん、切り上げだ切り上げ
というところでその5に続きます。
20200118キャンドル17
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ


2020/01/23

キャンドルうまく撮れるかな?(その3)

 TVKで以前必殺シリーズをやってたんだが
(今は大岡越前、つまらん)
 だらだらと作業しながら録画を流してるんだが
今流してるのは、いわゆる旅シリーズの
必殺仕舞人、その第6話:花笠音頭は地獄で踊れ
なんだが、三島の農兵節が...
嘉永年間から歌われてたと三島市のHPには書かれてるが
名前からわかるように、担庵さんが農兵調練だと思うが
 まあ言うだけやぼだが、仕舞人の時代設定いつなんだろう..
Spotifyで越路吹雪のがあったので..
※しかし色々溜まります、blog記事は18/4で止まってるは
TVの録画はこれ2018年の年末分だよ...


-----------
 訪問させていただくだけで、腕がもたん..
今日も短め、その2の続きです。

イルミネーションとか殆ど撮ったことないし、
WBで雰囲気変わりそうだよな、
とりあえず、WBをCTEにした撮って出し。
20200118キャンドル06
DxO:ブルーアワー 結構雰囲気変わるな。
20200118キャンドル07
ちなみにRAWの補正無しだとこんな感じ、
そもそもの撮影がそもそも暗かったって感じだな。
20200118キャンドル08
そもそもの撮影地そのまんま、
DxO:オールドスクール、ライトアップにはいまいち合わない
というか、RAWと違いがわからん。
20200118キャンドル09
ブルーアワーと差がないじゃないか
といわれそうだが、これは結構雰囲気いいんじゃない?
DxO:古いスライド
20200118キャンドル10
ここでその4に続きます。
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ


三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。