FC2ブログ
2017/10/13

DVDコンテンツ(その4)

 その3の続きです。

 で、クリスマスキャロルなんだが、
スクルージは経営者として当然じゃないか、
最後、あんなことしたら潰れるんじゃないか
という現実に引き戻す突っ込みをパラパラ
みかけるんですが、
 う~ん、それはまあ確かにそうなんだろうけど
でもディケンズがこれを書いたのは、
産業革命で、子供が平気で炭鉱の
穴倉で働かされるのが当たり前の時代だった
というのを考えるとな~
 このリンク先の炭鉱で働く子供のえづらは
教科書でお馴染みでしょう。
 リンク先にも書かれてるけど、オリバーなんて
当時のイギリスの子供の様子がよくわかる。
 って、例によってオリバーツイストは読んだこと無くて
私は、オリバー(これもミュージカルを基にした映画)
で映画の冒頭で児童労働からスタートか~
って認識しか無いですが。
 社会の考え方や制度を変えるのにつなげたんだから
やっぱディケンズはすごいは。

ただミュージカル映画だけど曲の記憶は..
ウンパッパぐらいかな?

それに今一マークレスターが印象に残ってない。
同じ子役でも、個人的にはチャンプ
リッキーシュローダーかな、
最後のチャンプを連呼する場面は涙腺が
止まらない。
そういえば、同じ時期の漫画である
がんばれ元気も親父が死ぬ場面があったな~
あっちも、あの場面涙腺が..

※チャンプのwikiを読むと、下記シーンが
 確実に人を泣かせる可能性が高いんだそうだ。
 リンク先の記事を見ると、選りすぐった78本を
 500人を対象に実験を行った第一位だったそうだ。
 いや本当、こみあげてくる。

でも、がんばれ元気の方が先か(1976)..て
そうだ、チャンプはリメイクだっけ、
そっちは観てないんだよな~
1979の方は泣かせようって演出が鼻につく
というコメントを見ると、少し違う雰囲気なんだろう。

続きを読む

2017/10/11

DVDコンテンツ(その3)

 その2の続きです。

3つ目は、2つ目と同じくミュージカル映画。
ラマンチャの男は、ミュージカル→映画化だが、
クリスマスキャロル(Scrooge)は、
映画→ミュージカルかな?
このwikiを見ると。

まあ、この手のクリスマスものは、みなさん
それぞれ思い入れがあるのありますよね。
※桜の記事は途中だは、クリスマス映画に飛ぶは
 相変わらず季節を無視してすんません。

私はあと、フランクキャプラ素晴らしき哉人生かな。
アメリカではクリスマスの定番ものらしいが、
私はDVDで知った。特に思い出があるわけではなく
ただただ好きってだけだけど。
※wikiを読んだらパブリックドメインになったそうだ、
 Amazonでは443円..
 まあいい映画が手軽に楽しめるのはいいことだ。

フランクキャプラは砂糖菓子(英語でなんて言ったっけ?)
とか言われて理想主義を皮肉られることもあるようだが、
スミス都へ行くとか、今の衆院選の連中に
一回は観ろと言いたい..

ジェームスステュワートはヒッチコックシリーズよりも
フランクキャプラの印象が強いな。
wikiには、アメリカの良心とある。さもありなん。
いや、ドリスデイのケセラセラもいんだけど。

脱線を戻して、

続きを読む

2017/10/09

DVDコンテンツ(その2)

 その1の続きです。

で、2つ目はラマンチャの男。(Man of La Mancha)
これは、前にも書いたが、レンタル屋で
(当然、VHSです)
ソフィアローレンの作品を観たいな~で
選択してハマッた。

 知ってる人も多いと思いますが、この作品は
ブロードウェイでヒットしたミュージカルを映画化した、
ミュージカル映画。
 なのでストーリもさることながら音楽が素晴らしい。

でも、DVD化はなかなかされないし、CDも。
っというか、当初はネット環境で無かったので
タワーレコードやHMV等をうろついて、
やっとムービ付きの、下記左を見つけた。
でもタワーレコードがあんなんなるとは
当時は想像もしなかった。

その後、2004年にDVD化されて、
その頃に出たのかな?サントラも購入。
これは右側の、ジャケットがDVDと同じ。
左側のはLP版のジャケットかな?
しかし、後から買った方もそうだけど、
相変わらず輸入盤。
国内発売はこの手のしないのかな~。

輸入盤で困るのは、これに限らないんだけど
日本のフィルムと違って、なんかベターって
のりづけされたフィルムで巻かれてて、
ケースが汚くなるんだよな~。
というか、全部が剥がれないとか、
ケースがベタベタとか。
なんで、あんな包装になってるんだろう。

で、久々にamazonで調べたら、どっちもCDは
既に廃盤。価格がコレクター価格になっとる。
中古の価格は
左の方が安くて、7000円
右の方は1万円。ただ、右の方は同じ版と思われるものが
2つヒットして、片方は1万なんだが、
もう片方は1万8千円..

でもブロードウェイの(演劇の場合はなんていうんだ?
サントラじゃダメ?)は版を重ねててリーズナブルな値段。
20171009ツール01

続きを読む

2017/10/07

DVDコンテンツ(その1)

 水曜の夜から風邪でダウン、木曜日の冷え込みが
追い打ち..みなさんもご自愛を。
 で、どうにも桜の写真整理が手をつけられず、
こういう時は、やりたいこと優先、ということで
唐突に全然関係ない映画ネタ、
 確か、DVD化を望んでた映画のこと書いたかな?
っと思ったら書いてなかったので。
 すんません、写真整理ができてないので..
え~っと、なんとなくDVD化されないかな~っと
思ってた映画は4つ程ある。

その1つ目は、確か高校の頃(あいまい)、
フジテレビの深夜枠で、なに気にフッっと見た映画で
見たのは、それ一回きり、とりあえずタイトルは
多少記憶に残ってたのでレンタル時代も無いかな~
っと思ってたんだが、見つからず。
ネットの時代になって、
タイトルも正確にわかるようになって
Amazonに限らず(当時はAmazon以外にも結構、
品揃えや値段的にはAmazonと較べても遜色ない、
販売サイトは結構あった)チェックしてて、
確か、これは出てすぐ(2004頃)
Amazon以外でBOXセットで購入。

1)ストリートファイター(Hard Times)
いや、カプコンのゲーム映画でなく、
クリント・イーストウッドのでなく、
チャールズ・ブロンソンのやつ。

タイトルにある通り、街の賭けファイトの話なんだが
ブロンソンは渋いし、
ジェームス・コバーンはいかにもな役でたまらない。
だって、どう考えてもブロンソンのこの顔で、
若い連中相手にストリートファイトって凄すぎでしょう。

動画はコバーンに自分を売り込んでの初戦だが、
どう見ても、おいおいって感じの風采。
これは1975年の映画なんだが、この時ブロンソン54歳で、
実年齢そのまんま。というかそれより老けて見えるよね。
ファイトは3:14あたり。ワンパンです。

※埋め込みだとでてこないが、Youtubeの頁だと
 300円で字幕版見れるよ~とかでてくる。
 Amazonでも今DVDは千円の版が出てるもんな~


で、なんだかな~と思うのはこの日本語タイトル。
そのまんまには違いないが、
これは英語タイトルのまんまの方がよかった。
どう考えても、内容からするとハードタイムだ。

で、記事ついでに、イーストウッドのってどうだったけ?
って見てみると、ありゃタイトル間違えて覚えてた。
ダーティーファイター(Every Which Way But Loose)だ
これは1978年の映画で、やっぱストリートファイトもの。
未見なんだが、コメディタッチということらしい。
イーストウッドのコメディタッチは見たことないな。

WBの予告編のが転がってた。


同じく、この映画の時イーストウッドは48歳。
ブロンソンと5歳ぐらいしか違わないんだが、
まあ、イーストウッドはいかにもだよね~

やっぱストリートファイターは、ブロンソンだからこそ
のあの雰囲気なんだな~とあらためて思った。

それより、アレ?
ストリートファイターは、ジル・アイアランド
と共演してるのはわかってたんだが、
ダーティーファイターは、ソンドラ・ロックと共演してる、
この頃、そういうのはやりだったんかね?
ということで、その2に続きます。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2017/10/04

2017の桜は御殿場方面へ(その12)

 その11の続きです。

う~ん、密集がうまくいかない、
上は少し青いのが見えるし、
花を直接撮るか....
20170415パノラマ124
駄目だ、枝が高くて遠い、
RAWだとEXZOOMが使えないので、
JPEGのみで撮るが..全然足りん。
20170415パノラマ125
しょうがない、FZを取り出すか。
やっぱこうみると、FZの倍率に
慣らされてるな~
LX100メインでFZ300をサブと考えたけど
やっぱ、メインはFZかな~。
20170415パノラマ126

続きを読む

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。