FC2ブログ
2019/09/09

傾斜計(その2)

 え~今週も引き続き記事を書く余裕がない、
土曜日の記事も現地にすら到達しなかったし..

 で、傾斜計のその1の続きです。

さて、なんで、傾斜計を導入したかったか、
その1で書いたようにアナログ・デジタルの問題はあるが
それは、傾斜計に何を選ぶかであって、導入の理由ではない。
一応、ROXに傾斜計はついてるんだが、これは気圧の変化と距離から
算出してるんだが、
 色々疑問というか、納得できない点とか、blog的に無理ってのがある。

 まずは、当たり前だけど気圧の変化って、そもそもどの程度の高低差を
測定できるの?ってことと、実際は高度以外に天気の気圧変化まで
込みで見ているわけで、山の方とか、ガスってたりすると
実際どんなもんなのか、よくわからん。
 しかもある区間の平均とかで見てると思うんだが、そうなると瞬間風速的な
斜度のキツイところってどれだけ測定できてるんだ?
 っと疑い出すときりがない。

 まあ、上はそういうんもんだっと、ず~っと同じ測定器を使ってるなら
まあいいかになるんだが、ROXもそろそろやばいので、
買い換えると多分この辺の数字変わるだろうな~とは思うけど。

 実際の一番の問題はこっちだ。(該当する記事を探すのに苦労した)
最近書いた記事だと、葛山林道の時のだな(再掲)
 坂を登ってる最中なんて、写真撮影できるか!
右の状態撮るのにどれだけ苦労したか。

 しかも最悪、止まって撮ることになるんだが、止まると
数秒で0になるんだ、コレ、止まって、カメラ取り出して
ピント合わせてってほんの1・2秒でアウトだもんな~
20171125葛山095 20171125葛山101
いや、logも残してるんだからいいんじゃない?
っと思われるかも知らんが、
logだってサンプリング(私の場合10S設定)の問題もあるし
いや、このときは10S以上この斜度続いたろうってときにも
logを見ると斜度のMAXがその時の数値以下なんてザラ。
っとなると、写真撮っとかないと記憶のはるか彼方になってしまう。
まあ、このときはちゃんと記録に残ったみたいだが(再掲)
当然ピストンなので、上り下りMAXは同じはずだがそうなってないよね
これはlog以前に測定で既にダメダメなんだが
※左下が斜度の±のMAX値
20171125葛山188
というところでその3に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。