FC2ブログ
2019/09/12

傾斜計(その5)

 その4の続きです。

で、さっそく、笹原山中2号トンネル前あたり
測定してみたわけだ。
道路も比較的新しいしね(再掲)
20190803やすらぎの森050
え~っと4.2度
20190912ツール01
というと、だいたい8%前後かな
※某サイトで計算すると7.3%
20190912ツール04
で、もう少し走って..あれれ、8.6度(15.1%)
おかしいな~っと再度、今度は6.1度(10.7%)
20190912ツール02 20190912ツール03
え、なんで、こんなに数値が暴れるんだ?
...原因がわかった、これハンドルで測定してるのが原因だ。
角度とか、こっち系苦手なんだよな~図も書きづらいし...
(まあ、つまりちゃんと理解してないってことだが)
えっと、坂道と自転車と傾斜計の関係を横から見るとこんな感じ
道が青い線、ハンドルが赤茶、トップチューブが緑、傾斜計が黒
20190912ツール05
これは、坂道でよたよたしようと、横から見たらまあ略同じなんだが
では、それを上から見るとこうなる。
20190912ツール06
3DーCADとかやってる、建築やメカ系の人なら
正しく把握、描画できるんだろうが
私は空間認識能力もないので、
実際の角度としては、オーバーに書くと多分こんな感じだろう

道路の勾配方向に対してハンドルが並行でなくなる
...並行が一番角度がキツイはずだから、ハンドルが道路に対して
曲がるということは、角度がそもそもゆるくなる。(黒)
 これは、ハンドルということで書いたけど、斜度がキツイからと
ジグザグ走行した場合、ROXとかの気圧計+距離で測ってるのでも
同じ問題になる。
 だって、いくらかでも楽になるように実際にジグザグで
走ってるんだから、物理的に斜度がゆるくならなかったら
楽にならない。つまりトップチューブで測っても、どうやっても
実際の走行軌跡を元に測るいじょう避けられない問題だよな。
 これを避けるには、ジグザグ走行はしないか、
実際の走行軌跡を無視して道路形状からだけ
あとで地図から測定するとか(でも、これは精度はあやしい)、
直接道路を測定するしかない。

 で、こっちは気圧計+距離で測定する場合は、発生しないで
直接、その場の角度を自転車上(道路に対して非水平))で
測る場合の問題だと思うが。
 ハンドルの回転の軸(よくわからんが)が、どこを中心に曲がるかで
差が大きそうだが、
例えば、曲がってハンドルが寝る方向だとオレンジ側だろうし
立つ方向だと、紫だろうし、それとは別でももともとハンドルが
道路に対して角度があるので、それが曲がって変わるはず。
(ハンドルが曲がるということは、測定器も傾くしね)
 多分その上下動は、もともと道路に対して水平に近い、
トップチューブの方が(進行方向が結局ハンドルに合わせて変わるから)
変動するにしても、その幅が小さくなるんじゃないかな?
 こっちの問題は、ハンドル固定限定のSILCAの勾配系よりは
(少なくとも私のハンドルは傾斜がトップチューブより角度があるので)
Wixey WR3651は測定位置に自由度があるから確実だろう。
 でも、あれだ、今日はハンドルで相対基準設定しちゃったから
走行時の測定は無理だね、
 というところでその6に続きます。
20190912ツール07
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。