FC2ブログ
2019/09/16

暑さ対策(その2)

 その1の続きです。

 渋柿さんから、日焼けが嫌だとの話があったが、
そういえば、私も数年前まではGWのロングが日焼けのベースを
作るタイミング
になってた。この時は身体が火照ってきついが
そうしとかないとあとが大変なので頑張ってた。
 でも、最近は冷感シャツを、冬でも着用
これのおかげで日焼けで痛いというのはなくなった。

 すんません、今日は写真無し、流石に現物なかった..

 次に検討したのは、キャメルバックかな~
mailを漁ると、2004年頃購入したようだ。
 今は色々周辺のツールが揃ったんで、
そんなこと無いんだが、当時はディバックがデフォだった。
 真夏でも関係なし状態。

 なので、ディバック越しでもいいから少しでも涼しくというので
ディバックに付けるタイプを購入した。
 利用してる人はわかると思うんだが、キャメルバックは
口が広いので洗うだけじゃなくて、コンビニのロックアイスを
ぶっこめるんだよね。
 ディバックとセットで、内部に格納できるタイプも
当時あったと記憶してるが、今見当たらないな~
 それに比べては、ダイレクトに背中に氷水が、
っとはいかないが、それなりにひんやりしてよかった。
 確か2シーズンくらいは使ったと思う。

 じゃあなんで使うのやめたか。
一応毎回使った後、洗って、逆さに吊るして干してた。
 ただチューブの中は洗浄しなかった(できなかった)。
わざわざ洗浄セットを買うのもな~、今のようにお中華も
なかった気がするのでそれなりのお値段だったと思うし、
気になりだすと、ちょっと使えなくなってしまった。
 まあ、ランニングのように毎回使ってればそうでも
なかったんだろうが、あくまで私は夏場の対策としてしか
使用してなかった。
 1シーズンパスしてしまうとす、余計に、2年もブランクあって
使う前にじゃぶじゃぶしてももう無理っとなった。
 ここでその3に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。