FC2ブログ
2020/02/01

こういうのいいんだけど、あ~あ(その1)

 奇士さんからは今さら?情報入手遅いんじゃ
って言われそうだが、別件で漁ってて昨日気づいた。
※リンクのアストロアーツの記事だと2017年末に開始したらしい
 eVscope

まあ、あれだ、普通の人は天体写真とか望遠鏡のカタログとか
見ると、肉眼でこう見えるんだって思うよね。
私も撮影を始める前はそうだった。
でも実際は肉眼ではあ~は見えないんだよな
天の川はその典型。
 だもんで、2017年に初めて撮れた時は感動したもんだ。
で、この写真アップすると伊豆とかこんなん見えるんだ
うらやましい~とか言われたけど、いやこうは見えないんだよな。
実際の見え方と写真の差を書いたのがこの記事
写真再掲:上実際の肉眼、下:写真で長時間露光の結果
20170429荒原の棚田034
20170429荒原の棚田024

で、このeVscopeは、一旦センサーで画像を長時間露光した
上でディスプレイに表示することで、撮影という感覚でなく
天体望遠鏡を覗くという感覚で、見せようというもの(だと思う)
まあ、動画を見てもらえばいいか

で実際問題、撮影に重要なのは
天気>>方向・時間>場所>機材 と、つたない経験で書いた
天気はその9でアップデートされて
晴れ>透明度>>方向・時間>機材 
として、そもそも光害は論外としてたんだが
(やっぱ天の川そうだとは思うが)
動画やファンディングの頁では都市部でも云々とある
市民参加は、自宅なら可能かな~相変わらずスマホでないので
(ipod touchだから、例によってwifiで望遠鏡とはリンク可能)
撮影に遠征してる場所では無理だは、NASAに協力できると
あおられる
と、一寸頑張ってみたいとは思うけどね。
撮影という意味ではファンディングのQAでセンサーのデータを撮れるか?
に関して、この書き方だと、スマホに転送するから
それ利用してね!って感じか?
これはつまり望遠鏡を覗かなくても、スマホでも観察できますよ
ってことでいいのか?
前に紹介したPalPANDAは望遠鏡をお手軽に、
見るのをスマホで見やすくというコンセプトだったが、
そういう感覚も入ってるのかな?
値段的にはPalPANDAと違い全然お手軽じゃないが...

でクラウドファンディング終了かと思ったら、第2弾をやってて
すでにそれも目標金額突破だ。
金額は28万円、重量9kg(三脚込み)
これは専用バックも込みじゃないとチャリで移動はきついかな。
そうすると30万だ。
PalPANDAの最新、スマホ天体望遠鏡「mAmANDA UD*eco」
5千円、60倍の値段差、まあみる対象からして違うからな~

いや~昨年買った望遠鏡もまだ使えてないのにね、
3号機注文しちゃったし、今回はパスかな、
そのうちさらに改良版がでるだろう、さすがにこれだけインパクトが
あったら会社がこれ1機目でこけるというのはないと思うし..

※思いがけず、続き物に急遽変更、その2に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。