FC2ブログ
2020/02/19

こういうのいいんだけど、あ~あ(その11)

 奇士さんが教えてくれた動画からすると
Video Astronomyは
電視観望というらしい、その用語でググったら
星ナビの3月号で電視観望を特集してるらしい
買ってみようかな~
本当、用語がわからないと情報把握できない..
翻訳サイト片手によくわからんてやってるより
日本語で情報得られる方がいい、
eVScopeやPALpandaに限らず、国内でも色々やられてるらしい。
奇士さんには感謝です。
------
 その10の続きです。

Atik Infinity Colour Camera - First Experiences
で、Gerd Waloszekがいろいろチャレンジされた
(記事上は全8回)の4回目の記事から。

Fourth Attempt
はい、天候の問題苦労されてます。
ドイツの冬の空でもなかなかチャンスないようです。

Fifth Attempt
For December 31, 2017, rain was predicted
for the evening, but the sky was nearly
clear at sunset.
大晦日の夜にチャレンジです。
Only focusing is somethings that I have not
yet "maxed out"... Again, this test showed
that post-processing can improve the results.
ピントの問題は残るが後処理では以前より
よさげな結果を得たと。
I would like to mention another issue, which
beame clear to me only after I had dealt in more
detail with the Atik Infinity software. I saved the
images in JPEG format during the observation,
and with the 8-bit checkbox unchecked.
Therefore, I assumed that the images were
in 16-bit format, although I should have known better:
images have only 8-bit color in JPEG format,
and accordingly, my image editng applications
displayed them as "8-bit."
ありがちなUIのわかりずらさ、
今回はJPEGに対して後処理したのかな?

All in all, I am quite satisfied with the results
of this test and thus - almost - finish my
"First Attempts" section.
少なくとも環状星雲は以前のより随分よさげな気がする。

Aftermath: Comparison with Images that Were
Created from Replay Mode Stacks

あ、上の8bitの問題含めて比較してくれてる。
比較写真を見ると、やっぱデータ量増えるけど
RAWとかで保存しないとって感じだな。

Sixth Attempt
On January 14.1, 2018 there was finally another
clear night, and so I finally managed to try out
the Atik Infinity on my Skymax-127.
この方は定年だろうから週末を待つ必要がないと想像するが
それでも冬のドイツの空で観察できそうな次のタイミングが
2週間後...厳しい。
今回は主にアンドロメダを中心に撮られたようだ、
アンドロメダ、私も挑戦中、まだ記事書けてない....

Seventh Attempt
On February 12, 2018, the sky was finally clear
again, so that I built up my Explorer 150PDS telescope
with GoTo mount, but actually in order to get my new
Celestron StarSense module up and running in the
second attempt - in the first one, I had failed.
次がまた一月後か...
今度はオリオンか、はいオリオンも挑戦中です...
クオリティーは私はなんも言えんので、
この辺は奇士さんのヘルプが必要だな~

Eighth Attempt
On February 21, 2018, the sky was clear again,
so that I built up my Explorer 150PDS with
GoTo mount once more.
中略
The results were satisfying, but the moon photos
were not as sharp as I had hoped for.
ということは月が出る中でも月以外も撮ったのかな?

Preliminary Conclusions
Focus or not?

As a "first information," I can already pass on
that I cannot use the Atik Infinity camera on the
Heritage 100P as such, because the camera does
not come into focus, that is, delivers only blurry images.
最初に書かれたように、この望遠鏡とカメラの
組み合わせでは難しいと。

Only Poor Results at First, but Now I Can See
Light at the End of the Tunnel...

The results I initially achieved with the Atik Infinity
camera are certainly way inferior to what can
be achieved with it. Nevertheless, I already "saw"
more with it than I was able to find so far
when observing purely visually.
カメラそのものにはディスプレイはないから
PC上でその場で見た、ってことなんだろうな。
これまで天体望遠鏡で色々経験値が高い
Gerd Waloszekさんからして、こう言うってことは
やっぱ、eVScopeより手間暇はかかっても
即時的にその場で見れるという感覚は
格別なんだろう。

Positive Aspects of "Quick-and-Dirty
Astronomy Photography"

品質は悪くても即時性の天体写真の価値
(まあ後処理前の画像を見るとそういう言い方になるね)
Firstly, I can "see" objects with the camera, which
I am not able to find for a number of reasons
when observing visually.
経緯台+裸眼と+カメラの比較かどうかわからん。
少なくとも経緯台自体を今回初めて導入されたようなので
カメラで見れる以前に、星をメカ的に導入してくれる話も
入ってるかもしれない(とはいえ、そもそもの経緯台も
ターゲットの星を見つけてキャリブレーションが必要
みたいなんだが...いや経緯台使ったことないので)

And the image also shows certain object features
that I normally cannot remember and quickly
forget after observing. Later, you can find
something like "a faint glow" or "nice"
in my notes, which tells you close to nothing.
これ重要だよね、星空に限らず、サイクリングでも
写真枚数がどんどん増えていった理由がこれだ
ただ記事が溜まりすぎて、早く記事を書かないと
写真を見ても思い出せるかが....
早くこのシリーズ区切り付けないと
訪問者から、このblogは何のblog?
っとキツク言われそう...

Size Seems to Matter...
これは望遠鏡の口径とターゲットのサイズや
解像度の関係かな?
まあ、この辺はいろいろ議論がされるネタみたいだし
Gerd Waloszekさんがいうように縛られないで
いきましょうか。

ということで、ここではそもそも奇士さんから
言われた光害の問題は触れてない。
光害はな~別途ちょろっとググった感じだと
そもそも整理された情報が見つからないので
宿題に回させてください。
流石に、このシリーズ内でやってくのは無茶そうなので
ということで、次回やっとこさ
eVScopeの話に戻ります。
※宿題赤字にしちゃった..大丈夫かな..
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。