FC2ブログ
2020/04/22

で、結局手持ちの機材で木星どうなの?(その2)

 その1の続きです。

木星をどう撮るかって、なにを言ってるかというと
以前の天の川とおんなじだ
天の川は暗いんで、どのくらいの露光時間が必要かな?
ってネットの情報から範囲を推定したわけだが
(結局殆ど覚えてなくて、いつも適当にやっちゃてるんだけどね..)

 逆に木星は明るいんで、明るすぎると縞なんて見えない。
暗すぎず、明るすぎない露光時間を求めなければいけない。

 天の川で使った計算シートを探すところから始めないと..
えっと天体望遠鏡(MAK90)はf=13.9
衛星の撮影条件が
f=13.9 SS=0.333秒 ISO=25600
縞の失敗が
f=13.9 SS=0.025 ISO=3200
f=13.9 SS=0.001 ISO=3200

ということで、f値とISOを400ぐらいにそろえて、
ネットで漁った数値を低い方から見ると
この間の失敗の2例は
ss=0.2(明るすぎ?)  と 0.008(暗い?)
ネットの情報では
0.001143/0.024151/0.053669/0.171742/0.21983
××分の1の表記だとざっくり
1/900 1/40 1/20 1/6 1/5
私の失敗例は1/5 と 1/125秒だ。
動画のスタックとかよくわからんが、それを行うとすると
1/30 が動画基準の数値だから、
MAK90を使う場合、ISO=400、と1/30が一つの目安か。
というか、この間の失敗例はそんなに外れてなさそうなので
やっぱピントかな~

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。