FC2ブログ
2017/03/27

久々の大瀬崎(その3)

 その2の続きです。

整備前と何が違うかっていうと、
こういうところが藪がなくなって歩きやすい。
20161015大瀬崎049
で、バス停側にはこんなのある、
20161015大瀬崎051
これはなんでしょう
20161015大瀬崎052
安宅船のサイズだけ復元模型。
最初に来た時は単なる駐車スペース(バス停名も城下橋)
次に来た時は作成中だったが、なんだがわからんかった。
自転車や車と安宅船を比較できる場所なんて
そうそうないんでない。
20161015大瀬崎052-1 20161015大瀬崎050


こんなの人力で建造するんだからな~
というか帆小さい、漕ぐの大前提か
20161015大瀬崎053
安宅船は漕ぎ手50人に戦闘員50人ってことは百人。
長浜城に10隻って、それだけで千人なんだが本当か?
実際はここに書かれた小早(10人乗り)もいたんだよな。
20161015大瀬崎054 20161015大瀬崎055
防御は木だがらどんなもんだろう、
よく火矢とか爆弾で一瞬に的な絵図らはあるが、
よく考えたら、帆はともかく木材の所
そう簡単に火付かないよね?
戦闘員だって甲冑だろうし、燃えやすいのって足元?
まあただ火矢の本数が沢山というのはあるか。
椋の木で厚い装甲板って書かれてるが、wikiによると
耐久性は低いと書かれてる..よくわからん。
20161015大瀬崎056 20161015大瀬崎057
模型の向こうに遺構があったが
こういうのはもっとよくわからん。
ここでその4に続きます。
20161015大瀬崎058 20161015大瀬崎059
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。