FC2ブログ
2019/06/04

2019ホタル1発&2発目(その2)

 その1の続きです。

さてと植え込みがあって、川の様子が
見えないなっと、トボトボ
20190531沢地川20
で、今日GX7mk2を持ってきた理由はこれだ
昨年、もしかしたら高感度ならホタルの動画
撮れるんじゃね
?ってこと。
GX7mk2はマイクロフォーサーズだし高感度ではないが
代わりにレンズが明るければっと。
だって動画は1/30だから、SSはそれ以上、上げられないから
あとは露光を稼ぐにはf値かISOしかないもんね。
アレ?オリジナルはもう少し点が明るいんだが
アップロードしたらなんかくらくなったような、
Youtubeは全画面再生のほうがいいかも。
f=0.95? SS=1/30 ISO=3200
動画:20190531ホタル


さてと、本日の一番の目的は終了した。
目的はきちんと撮るではなく、
ホタルの動画が、手持ちで一番明るいレンズで
撮れるかどうかだったから..撮れたので。
で、普通に撮影だが、駄目だ~
なんか嫌われてるのか、カメラを向けるとその方向
光らなくなる。
少し涼しくなってきたのか、トビもしない。
この塊がやっとかな8枚合成
まあ、それでもRAW現像しないで、JPEGの撮って出しで
なんとかなってるんだからいいか。
f=0.95? SS=5秒 ISO=1600
20190531沢地川21GX7mk2
しかも、方向だけでなく、近くで光ってくれないんだ。
これが、一番近くで、軌跡が長いやつかな、合成なし
f=0.95? SS=1秒 ISO=4000
20190531沢地川22GX7mk2
動画も撮れたので、あとの宿題は、ホタルそのものを
撮りたいんだが、上記の通りで、全然近くに来てくれない。
..が、ん?なんかあっちの道路の方に灯りが
MFで、どこにピントがあってるか確認なんて無理
とりあえず、近づいて、撮って、どっかでピントがあってればいいや。
20190531沢地川23GX7mk2 20190531沢地川24GX7mk2
え~っとこれがなんとか少しピントがあってる?
f=0.95? SS=1/2 ISO=4000
20190531沢地川25GX7mk2
RAW現像でクロップしてみる、ジャスピンには程遠いな。
DxO:風景
20190531沢地川26GX7mk2
そしたら、まさかのシャッターチャ~ンス
ホタルが手に留まった。
しかし、現在左膝を立てたウンコ座り状態。
右手はこの状態なので、左膝にカメラを載せて、
右手をカメラに近づけて、左手で適当にシャッターを切る

..が、そんなに甘くない、そもそもどこがピント合う位置か
わかんない。一応レンズの仕様上は17cmなんだが、
それってどこからだっけ?レンズの前どこまでがリミットなのか
わかてない。飛ぶなよっと念じながら右手をレンズに
徐々に近づけて、ただただシャッター。
結局、12枚撮って、一番ピントが合ってもこんなもんだ。ハア~
なんせ左膝も揺れるし、右手も揺れるからね...
他はもっとひどいピンボケなんだが、
帰って最短撮影距離を確認したら、どうも大半が近づけすぎたっぽい。
f=0.95?、SS=1/2秒、ISO=4000
20190531沢地川27GX7mk2 20190531沢地川28GX7mk2
さてと、え~カメラでは明るく撮れてるが
実際はほぼ真っ暗、でこぼこだから、バランス崩したら大変。
ライト付けるわけ行かないしね。
20190531沢地川29GX7mk2
学校の方どうしようか、あ、でももう21時前か
切り上げだな。
20190531沢地川30 20190531沢地川31
一応三島の夜景らしきものをみながら下って、
駅前では、週末なんで1次会終わった人らしき人たちの声や
ムクドリ(どこの駅前も一緒かな)の声を聞きながら
21時過ぎに帰宅。その3に続きます。
20190531沢地川32 20190531沢地川33
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いやー、おもしろい。
普通なら手にホタルが止まったら、ラッキーなんでしょうが、それも右手ですねー。
動画ではホタルが飛んでいるのが見えますよ。
でも静止画ではそれを表現するのが難しいんですね。

Re: No title

GGチャリダさん、おはようございます。

別に写真撮る方に意識がいかなければ
ラッキーで眺めてるんでしょうが、
ついつい撮る方に意識がいっちゃって..
なんとかみえましたか..本当はもう少し
みえてるんですが、この辺が限界なのかな
静止画でも、もう少し飛び方が違うと
また印象が違うんでしょうけど。

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。