FC2ブログ
2020/02/20

こういうのいいんだけど、あ~あ(その12)

 その11の続き

引き続き、
Unistellar eVscope Information (4.5" Newton)


Brief History of the eVscope
パスでいいかな?

Who is Behind the eVscope?
もパス。

Unboxing..配送サイズでかいぞ
Box weight: 17.25 kg
Box size: 800 x 575 x 300 mm (L x W x H)

The Box Content...
キャリーバックも一緒に購入されたのか、
望遠鏡に三脚でパツンパツンだな。

Backpack (mostly with Tripod)
この方、身長何cmあるんだろう、
多分自分より背高いだろうな~
背負うと頭ぐらいまでの高さになるのか..

Photo Attempts
First Photo Attempt with the eVscope

さてと、肝心の画質だが
The following photos were taken during my very
first observation night (January 28, 2020) with the eVscope.
For some objects, there are comparison images available,
which I took with the Atik Infinity camera.
ということで、自分で組んだAtik Infinityと比較画像を
載せてくれてる。さすがに同じタイミングではないだろうけど。
Atik Infinityは、撮影後処理した画像だよね?
しかもこれまで紹介したように何回も挑戦したやつかな?
なんかパッと見、両者にそんなに差がないような
これ、その場で(多少waitが発生しても)見れるってことだよね。
気軽にこれだけ楽しめたら十分じゃ...

First Experiences
Very First Experiences

I was able to control the telescope with the joystick.
ふ~んアプリでいろいろ操作するのが基本なのね。
Overall, it is my impression that the app still works
very faulty and that many "strange behaviors"
are caused by the app.
うん、まあしょうがないやね。

My First Observation Evening
で翌日
I very soon had M 42 on my iPhone screen.
I was so astonished and pleased that I did not pay
attention to the focus at first.
特にセッティング苦労すせずにというか
焦点を調整せずに?オリオン(M42)がiPhoneに映ったと。

A focus attempt in Enhanced Mode
なんだろう、これはより厳密にフォーカス調整するのかな?

So I moved on to M 1. The same again! Then I thought
I should better take a look through the eyepiece,
I had only used the iPhone, and lo and behold,
there I saw M 1 brighter than I had seen
the nebula ever before!
M1ってカニ座..て、動画で酷評レビューしてた星雲じゃん。

First Photo Attempt with the eVscope
の一番topの写真か、この間の動画よりクリアだぞ。
となると、品質は例によって機材以前に
空の状態(天気・透明度、光害)に依存されてるんじゃ..

あ、でも次の章が
My First Big Issue...
ここでその13に続きます。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。