fc2ブログ
2020/10/23

うんまあ体慣らし

 う~んクローズアップで取り上げた農薬問題
なんか論点ズレてるというか、農水省の戦略おかしくないか?
いや専門家でないので詳しくはわからんが、
メーカーとかは環境対応とか情報収集して先をみて対応をするのが普通。
ただ農業は、農家一軒一軒がこれができるかというと難しく
まあやってるとこはやってると思うが、とはいえ情報収集だけでも
大変な気がするが...
農水省や農協が、そもそもの農薬を使わない(もしくは世界の潮流に
あわない農薬)農業をどうするかをしてくべきなんじゃ
 担当者は、各国に規制の緩和云々って、なんか違う、
上記の話はコンサルや元農水省の教授が同様のコメントしてたが
いや、あなた農水省時代どうしたの?っといいたいが..
各国は輸出前提で、日本は国内のをどう輸出するかとベースの考え方が
違ってたって、いったい何年前の話だよ。
某国は協定だっけ?に参加タイミングの問題もあるけど、
品種登録とかも同じ問題だよな、1980年代ならまだわかるが
1990年代からでももう30年...
有機農業か...これも色んな有機があるみたいだからな~
実際消費者の実感として、駄目な有機は、野菜が日持ちしない
(葉物とか溶けるんだよ、本当...)
-------------------------

さて、ここんとこ、早朝の写真を挿入してるが
実は、体力作りというより、体慣らしの朝の行動をちょっと
変えてる。
 これまでは(夏場さぼったけど)ポール+インターバルウォキングを
ちょろちょろやってたんだが、どうも意味あるのか?
というかもう少し負荷をっと考え出した。
 で、そういえば以前香貫山でやるべきじゃ?っと思って
先週の火曜日はそうしてみたんだが、やっぱ時間がかかる。
 筋肉痛が、ちょっと..

 そもそもやってはやめ、やってはやめ、でウォーキングを始めたのは、
体力云々とか体慣らしというより、ポタで、体力が原因で行動の選択肢が
減るのはやだな~というのが、一番最初の動機だったことを思い出した。
 私はわずかな斜度の坂道でもガクっと速度が落ちるんだが、それは
まあいいんだが疲れたら押し、というのもまあそこは気にしない。
体力不足で予定通りいかないとか、ちょっと寄り道したいけど、
スケジュール的に余裕がないとか、そういうのをなんとかしたい。
別に速く走りたいわけではない。
 まあ、2016年のクリスタルラインはそもそも計画が無謀だっただけ
という気がするが..

 っとなると、ウォーキングより自転車乗るべきだよな~っと、
しかも坂で遅くなるんだから、坂道を乗るべきっと。
 っとはいえ、水神さん方面とか斜度的にあんなん毎日できん、
というか時間もない。そうそう時間も重要。

っとなんか長くなったので、興味がある方のみ、続きをどうぞ。


普段のウォーキングは30分、
香貫山のウォーキングは現地までの往復が40分、
ウォーキングが45分で、まあ1時間半。
っとなると、自転車は1時間ぐらいが適当、往復だから片道30分
で、とりあえず坂道でっと候補を検討したら五龍の滝が丁度だった。
まあ、別に自分の活動なんだからどっかの交差点までっとかで
設定してもいいんだが、やっぱなんとなくね。

ウォーキングは平地の歩行機能、
香貫山は、ハイキング機能+自転車押しの機能
五龍の滝が登坂というレベルでないので、坂道負荷機能って感じかな。
いずれも根性はださずに(それはやだ、どうせ長続きしない)
運動してるかな?って感じが呼吸なり足なりにかかってるレベル
っで行ってるんだが、心拍系の記録を見るとこんな感じ

ウォーキング..うん心拍数全然上がんない、でも早歩きとしては
これ以上ペース上げるのは足の張りとか考えると厳しい。
10/15         10/21(紅富士撮って止まった時間が..)
20201021-03近所01 20201021-08近所02

香貫山(10/13) 心拍的には全然、でも足はもういっぱいいっぱい
なんだよな明らかに筋肉痛が起きる、本来はこれをメインで
考えるべきなんだろうが、現状まだ足に疲れが残るので、
来月だな(理由は後述)
この日はポールウォーキングでアスファルトなんだが、ハイキングの耐性
という意味では非アスファルト..
となると日守山だがあっちは2時間コース...
っとなると香貫山で非アスファルトコースが現実的かな?
まあ、それは11月以降考えよう。
20201021-01香貫山

で、後述の理由なんだが、実は来週久々に輪行を計画中、とはいえ
輪行用に3号機を購入するも、紹介記事は書けてないは、
全然乗れてないはで、3号機にもなれないとな~っと
どうせなら、自転車は1号機と3号機を混ぜながらやることに
10/14(1号機)               10/16(1号機)
20201021-02五龍01 20201021-04五龍02
10/19がちょっとあれだが、これは帰りが他とかなり別コースで
時間も違うしそれでも、上限が..
これは金曜日に整体でみてもらった影響かな、明らかに体軽かったし、
登りの到着までの時間はみんな1・2分の差なんだよね。
というか30分オーバーは整体前の10/16までで、
それ以降は慣れもあるけど30分未満だしな~
10/18(3号機)               10/19(1号機)
20201021-05五龍03 20201021-06五龍04
ちゃんとトレーニングしてる人とかは、ケイデンスとかギヤ比を
考慮してるんだろうが、私はその時の感覚で適当なんで
多少ばらつくのはしょうがない。
10/20(3号機)               10/22(1号機)
20201021-07五龍05 20201021-09五龍06

こうしてみると、ある程度心拍数をっというのは自転車でやるべきだし
ベースの足の能力っと考えると筋肉痛がでるであろう香貫山
で、疲れがたまってきたら平地のウォーキングって感じかな。

で、火曜日(10/20)に帰ってから、
あれ?同じコースなのに随分時間が..
いやね行きの時間はたいして差がないんだが、
つまり問題は帰りなんだが
比較的同じコースで、同じ号機の10/18と10/20を比較すると

10/18:1時間8分 10/20:1時間19分
..10分も違う、ポタの計画としてはこの差はでかい。
行動で差があるとすると写真だな、10/20は紅富士を気にして
しょっちゅう止まって、振り返ってをやってた。
実際に撮影した枚数を比較すると
10/18:17枚   10/20:34枚   ..倍か

なので、10/22は1号機の日だが、写真撮影無しで1時間6分

単純に枚数の差だけじゃないな、10/18はあくまでサイクリング中に
止まって撮影だが、
10/20はそれ以外に結構富士山の様子見で振り返ったりしてるもんな~
実際のポタの行動としてはこっちベースってかこれよりもっと止まるんだが
五龍の滝以降で10/20と10/22を計算すると
10/20:16.8km/h(写真31枚)  10/22:19.1km/h
っと12%低下しとる、予想以上だな、
これ慣れてる道の下りベースで、撮る対象も決まっててだからな~

ポタでタイムスケジュールを計算する時は、道に迷うこととか
寄り道や、登りが混じることも考慮して
だいたい10km/hで想定してる(はず)んだが
(純粋な登り区間は当然別計算)
写真も加味するとどくらいが適当なんだろう、う~ん
その手の想定は2017の中津川以降してないんだが、
それから更に脚力落ちてるだろうし..
来週どうしようか、って今さらどうしょもないんだけど、
まあ、その辺はまた別に書きます。
どっちにしろ今週末は、この結果も踏まえて計画たてないと。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。