fc2ブログ
2022/03/21

累積標高(その4)

 あ~静岡市で桜の開花宣言でちゃった...
結局例年より早くなったじゃないか..
 確か最初の予報では平年より遅い予報だったのに。
 ...行先の桜がどうなるか、私の体調がどうなるか..

ハッキリ言って、その3の続きというか微妙..

 え~昨日の池の平での確認事項その1。
もう、この問題散々記事を書いても、
結局コントロールできない以下の問題で
細かいの考えるのやめた、っとなってたんだが
・アルゴリズム非開示
・サンプリング間隔不明
・どのセンサー値利用してるか不明

最初の混乱、サイコンとハンディGPSの差で
あれ?っとなった時
(もう10年前だ)
ipod touchを導入してハンディGPSから
ipod touch+GPS端末にした時、及びInstinct導入時

上記リンクは関連記事の一部で、断片的な話は散らかってるし
誰もリンク先なんてみないだろうから、端的に書くとこんな感じ
まずセンサー・情報の違い
標高付地図気圧計GPS
ハンディGPS(60CSx)
サイコン(ROX9.1))××
GPSウォッチ(Instinct)×

このうち、GPSは位置の特定は可能だが、高度に関してはかなり精度が
悪いはずなので
高度情報が載った地図上で、GPSで位置を特定して、気圧計で微妙な変化や
地図の精度未満の変動を取得して計算が、最も精度がいいはずなんだけどね。
その理屈から言うと、60CSxが一番良くて、ROXとInstinctがどっこいなんだが
実際はInstinctが悪すぎて話にならないというのが、上記の結論。
(60CSxも地図情報を使ってない可能性が高い、なんせ高度校正をしても
地面にもぐるログになるので)
上記検討ではGarmin Connect上で高度校正をONにするか?
っとしたんだが、実際の運用では後述の利用もありやってなくて
カシミール3D上で、地図の標高データでログの書き換えをして使ってる。

Instinctは他と違って体に身に着けるので、体温の影響を受けるので
センサー値に影響とは、説明書にも言い訳が書かれてるんだが
それを言ったら、他の機器は直射日光+走行による空冷で
腕よりも変化激しいはずだからね。
(別売りの温度だけ外出しセンサーがあるんだが、その購入は踏みとどまった
そこまでこだわっても、結果がついてくるかあやしいので)

というのがこれまでの状況。
なんで再度確認することになったかは、興味をある方のみ
続きをどうぞ。


Instinctのログは、最初バイク(自転車)で取ってたんだ。
でも、最近はハイキングを挟むことが多くなってきてて
別に、それでログがとれるなら問題ないんだが、
バイクログ中は歩数計が停まっちゃうんだ。
まあ、ある意味当然といえば当然かもしれないが
押し歩きの歩数がカウントされないのはいいとして(爆)
ハイキングの歩数がカウントされないのは、なんかやだな~っと。

一応ログの一時停止機能はあるんだ。
でもこれはあくまで一時停止なんで、ハイキング中は停止すると
歩数計は動くけど、ハイキング中のログがとれない。
つまりGPS機能も動かないんで、どこ歩いたかとか記録が残んない。
これはこれで困る。

なので昨年の11月ぐらいからかな?
面倒くさいけど、自転車ログを一旦切って、ハイキング中は別途
ログをとるようにした。
つまりハイキングが1回混じると、一回のポタでログが3つできることになる
管理が面倒くさい。
スーパー地形+GPS端末のログもスーパー地形が必要な時だけに
するようにしたのも、
ログが複数で面倒くさいというのも理由だったわけで...

当然GarminConnect上も複数のログはバラバラなので、
総上昇量は各ログ単位でバラバラ、心拍系もログ単位でバラバラ
なので、最近心拍系に注釈(××だけ)とか書かれてるのは
そういうことです。(誰も気にしてないと思うが)

んで、そもそもInstinctは自転車とウォーキングとかで考えてたんで
アクティブログのメニューには、そういうのしか登録してなかった。
が、先日、そういえばこれ意味わかんないっと
久々に取説を見直してた。
わかんないというのはこれ、左がウォーキング、右がバイクなんだが
距離とタイムは共通なんだが、残りの一つがペースとスピード
スピードは普通の速度だからわかるんだが、
ペースがよくわからん、っとこれまであんま気にしてなかったが確認。
そしたら1km進むのに何分かかるか、というのは確認できた。

ランも同じ項目なんだよな~ウォーキングやジョギングの人って
速度よりペースで考えるのが一般的なの?
基本速度で感覚つかんでるから、ペースだと数字の意味が
今一掴みにくい。
20220321ツール02 20220321ツール03
それはともかく、上記説明を探した結果、アクティブに
ハイキングという項目があるのに気づいた。
これまではウォーキングでログをとってたんだが、
わざわざハイキングという項目があるなら、それで取ってみようと。
お気に入りに登録して昨日試したと。
20220321ツール01
んで、なんでそれが累積標高の話になるかというと
同じく項目が、速度の代わりに総上昇量という項目になった。

これまで書いたようにInstinctの累積標高は当てにならないと
ダメ出しをしたんだが、わざわざ表示項目になってるということは
もしかしたら、この用途はアルゴリズムが違って、精度が上がるのでは?
っと希望的観測をもったから。

結論からいうと、う~ん、誤差はそれなりだが
ログじゃなくて、さっぐりどの程度上がってきてるかを
見るには、多少参考にできるか?

え~左が池の平、右が水神さんに戻ったとこ。
20220321ツール04 20220321ツール05
で、上記はInstinct上なんだが、帰ってきて
Garminconnectで高度校正OFF
20220321ツール06 20220321ツール07
高度校正ON、こっちは数字が大分小さい。
高度校正の結果が正しいとするなら
僅かの間に高度が200mも違うのは、役に立たん機能
ということになる。
最高高度はあってるが、
最低高度が違うカシミールで確認すると522m
どっちにしろ単純引き算では310.6と325mで
累積標高との差は44.1と29.7m
アップダウンがあるんだから、累積標高の方が大きいのは当然だが
問題はこの差が妥当かどうか。
高度校正OFFだと、それが271.4と257mで200mも違うから..
20220321ツール09 20220321ツール08
で、カシミール3D上で、高度校正OFFのデータ。
GarminConnectと同じでそもそもベースの標高データが入ってないよう。
ログが少し登ったとこからだったので累積標高は536m、
これと比較するとハイキング中の総上昇量の数字は8%増加
左:そのまま、右:カシミール上で標高値書き換え
20220321ツール10 20220321ツール11
で、念のため、Garminconnect上で高度校正をONにした
ログをカシミールで見たプロファイルがこれ。
累積標高は552mでGarminより大きいのはサンプリングとか
計算が違うからだろう。
で、プロファイル的には地図と結構一致していないので、
そっちもそれなりに変動が大きい。
やっぱGarminconnect上の数値は?で

実際の累積標高としてはGarminの高度校正ONと
カシミールの標高値書き換えの中間ぐらいが妥当なんだろうな。
まあ、そもそも色んな機器でアルゴリズムやサンプリング間隔の
情報が開示されないんだから、比較しようがないんだけどね。

自分の運用は、自転車とハイキングの様な、複数のログを
カシミール上で合成して一つのログとして扱うようにしてるし
同じ方式で扱い続ける、というのが基本だから
これまで通りカシミール3D上で校正したものを使用で、
ハイキング中のInstinctの総上昇量は
この誤差からすると、単純に気圧計の変動を
ひらってそうで、まあまあ使えるんじゃないかな。
というのを結論とした。

20220321ツール12

注)最初の頃のInstinctやGarminConnectとの使い方の設定が
色々変わって、グチャグチャになってる可能性あり。
最初のInstinctのログのカシミール3Dはこんなんだった(再掲)
つまりカシミールでの標高値書き換えや、Garminconnectの
高度校正をOFFでも、ばらつきがひどくても
それなりの結果だった。

過去の記事では、これを見てInstinctは使えないとしてました。
60CSxや、ROX9.1は、台風で気圧が急激に変動してる時でもないと
ここまでは暴れなかったので。
20190321ツール02
でも、今Garminで高度校正無し、カシミールでバイクログを
そのまま表示すると、こんな感じ、まあ色々混乱してます。
(数値を見るとログに標高値が入ってなかったり(下記の左端)
-500が固定値として入っていたり(左端以外)、
標高値がそもそもログに残ってない)
自分の運用としては結論がついてますが、
他の人には(設定条件が色々不明慮で)役に立たない可能性高いです
GarminConnectとか含めてアプリもVer変わってるし。
20220321ツール13

上記補足、Garminconnectで、高度補正ON/OFFをしてしまうと
本来のInstinctで測定した高度データがなくなるみたい。
(正確には、高度補正前のデータをユーザーは入手できなくなる。
高度補正ON時に、測定データも使ってる可能性があるので)

この記事では、それを色々繰り返してデータをDLした結果上記の様に
高度補正OFFの時に高度データがなくなった。
先週の韮山城跡のデータは、その辺触ってないんで
高度校正OFFでも、Garminconnect上で数値がある
最高最低高度が-500じゃなくてちゃんと数字がある。

ON/OFFで取得数字が消えちゃうって、一種のバグじゃない?
そういえば時々高度データがアレ?っと思ってたが
これが原因か、次回からは注意するが、一寸問題な仕様だ。
(ちなみに、このデータはアクティブはウォーキング)
20220321ツール14 20220321ツール15
で、そのDLした時のカシミールの補正なしがこんな感じ
左:高度補正OFF+カシミール補正無し
右:高度補正OFF+カシミールで標高値書き換え
20220321ツール16 20220321ツール17
ということで、色々数値がわかりにくい
それに無駄に長くなった。
アプリが原因だと主張したい!
再度データ取って整理して続きを書くべきか...保留で。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。