FC2ブログ
2014/06/24

2014GW(その39)

 その38の続きです。

 降っていくと、反対車線でロードの方々が
登りを前に休憩してましたが、私はここを左。
20140503敦賀米原096
ありゃ、疲れた体には結構な斜度の登り..
20140503敦賀米原097
車ばっかり、ビワイチコース沿いは自転車はそれなり
見かけたのですが。賤ヶ岳リフトは車だけ。
20140503敦賀米原098 20140503敦賀米原099

賤ヶ岳古戦場、尋常小学校時代の読本ですか..
これ道徳(今も道徳っていうのかな?)みたいなもんか?
良く見ると国語って書いてあるな、wiki見ると全編描き下ろし。
学年とかどんな感じ何だ、12分冊をどう使い分けてたんだろう。
20140503敦賀米原100 20140503敦賀米原101
身分制度は別に江戸時代からじゃないんだよな~(五色の賤とか)
しかしここも弘法大師。でもググると、名前の由来はもっと
別の意味が出てくるし(地形とかそういうの)、
個人的にはそっちの方を採用したいな。
20140503敦賀米原102
このレベルのコンクリ道でも滑るし、キツイし。
本来ならこっちを自力でなんでしょうが、計画段階から無いです。
20140503敦賀米原103-1 20140503敦賀米原103
ただリフトはリフトでちょっと不安。でかいリュック背負ったままで
前かごも抱えているので結構な重量とバランスが..
係の人も大丈夫かな?って心配してたけど、まあ乗る時に
リュックを持ち上げて何とか。
20140503敦賀米原104 20140503敦賀米原105
シャガが満開の中を、楽ちん楽ちん。
あれ、着いても登るのか..
20140503敦賀米原106 20140503敦賀米原107
にほんブログ村 ツーリング

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。