FC2ブログ
2018/07/15

惑星の撮影目標値算出

この記事の再計算版はこちら
-------------
 え~今日の記事は、自分の備忘録です。
昨日の記事で、惑星撮影なんて、
ピントがあってるかどうかなんてわかんねーよ、
っと愚痴ったら。
 リュートの奇士さんが、アドバイスををくれた。
センサーサイズ上の大きさを教えてくれた
2000mmの焦点距離で
月:20mm
木星:0.5mm
火星:0.3mm  だそうだ。
これを元に、撮影時の目安(液晶上の大きさ)
と、撮影結果の目標(画素数)を算出してみる。

で、FZ-300とKPそれぞれ環境が違うが、
FZ-300はEX-ZOOMとか面倒なので、
まずは簡単なKPから。

以下、写真もなくダラダラなので、
興味のある方のみどうぞ(居るのか?)

あと、なんかどこか計算がおかしい気もするので
間違い指摘歓迎

続きを読む

2018/07/14

惑星は遠いな

 本当は、今週末、久々の星撮りに行こうかと
思ってたんだ。
 だけど、日程が近づくに従ってどんどん天候悪化。
GPVなんて全面ねずみ色。駄目だこりゃ。
 撮影ツーリングはあきらめたが、3時過ぎに
目が覚めた時、もしかしてっと、
ベランダにでたら、火星(だと思う)が見えた
 そういえば、今月、火星大接近って言ってたな。
 しかし、夜中に一体何度あるんだ、
くそ暑いぞ、
※今日の三島は36.1℃まで上がった様だ。

 土星・木星はチャレンジして失敗してるが
火星は前回チャレンジで、そもそも火星が同定
できなかったからな~やってみるか。
 まあ、土星・木星ともベランダから見えなかったんで
赤い点が目立つ火星しか選択がなかったんだけど。

 実際問題、木星は縞、土星は輪っかという、
多少なりとも見えたと思える特徴があると思うんだが
火星ってなんだろう?赤い色が出たらいいのか?
 ちなみに、私の機材では絶対無理ですが、
リュートの奇士さんが、動画のフレーム合成まで駆使した
素晴らしい、火星・土星・木星をアップ
しておられるので、
絶対不可能だけど、これらの特徴の一端でも
写すことが目標。

まずはFZ-300、テレコン装着で1992mm
これはピントが合ってないか?
20180714ポタ01
こんなもんかな?
20180714ポタ02
f=3.5 SS=1/4秒 ISO400 WB=AWB
う~ん露出とかが長いのかな?
等倍クリップするとこんな感じ
20180714ポタ02-1
まあ、いいや今日はこっちだこっち。
PENTAX KPを使っての初の惑星チャレンジ。
今自分で考えられる最大の焦点距離2142mm、
FZ-300よりも長い。
まあ、かなりアホなセッティングなんで、
それは別記事で。
 少なくとも、この件でこれ以上投資する気なし。
これでどこまで頑張れるか。
まあ、普通に全画面サイズでは変わらない。
20180714ポタ03
等倍クリップだと、FZ300と画素数の差がでる。
f=4.5、SS=1/8秒 ISO=800 WB=太陽光
20180714ポタ04
f=4.5、SS=1/30秒 ISO=800 WB=太陽光
20180714ポタ06
f=4.5、SS=1/20秒 ISO=800 WB=太陽光
20180714ポタ05
最後が少しなんか模様が写ってるような、
でもピントが合ってないのかな~
ピントが合うという状況がわからないんだよな~
露出もどうなんだろう、でも太陽光で色が出て
FZ300と違って単純な光の玉にはなってないから
そこそこいってる気もするんだけど、う~ん。

本当はもう少し(空は白み始めたけど)
行いたかったが、駄目だヤブ蚊に刺されまくって、
この間のマクロもそうだったよな~
まず、そっちなんとかしないと。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2018/06/28

星空&ナイトライド・プチ情報(蛇足)

 え~その2ではなく、蛇足です。

 昨日は、光害マップを紹介しましたが、
よく考えたらたしかGoogleEarthでも衛星画像
あった気が..
 いや重たいし、SSDに換装する前にDELしてたんだわ、
そしたら、久々に触ったら、あれチョット進化してないか?
 確か以前触った時は、3Dは場所限定があった
気がしたんだが、普通にどこも3Dで見れるな。
※Googleマップと混同してるかもしれない。

 で、本日のネタは、残念ながらWeb版では無理そう
(少なくとも私は見つけられなかった)
ということで、PCにプロ版をインストールしてね、が
前提条件なんだが、

 立ち上げて、左のコマンド画面で触ってもらうと
ギャラリーのNASAの下に、街の灯かりというのがある。
これが夜の衛星画像
20180628コマンド1 20180628コマンド2
これをチェックすると、静岡県だとこんな感じ。
20180628静岡県
まあ、光害マップに較べると粗すぎて光害レベルの
チェックとしては今一だが、
GoogleEarthとしての使い方はある。
例えば、大平、この間の結果(再掲)
20171026ポタ023
でなかなかぴったりはあわないが、
Earthでその位置を見ると
なんとなく星景のロケハンができる。
20180628大平
街の灯かりにチェックすると
結構明るいな、天の川は厳しいかも
20180628大平_街の灯かり
では天の川が成功した長野の棚田は(再掲)
20170429荒原の棚田027-1
ロケハンではこんな感じ
20180628長野
チェックすると、けっこう暗い?ってイメージがわく。
20180628長野_街の灯かり
まあ、私の場合、ステラナビゲータである程度
山並みとかはチェックできるから、
Earthは操作むずいし(私にはね)
気が向いたらかな?
ナイトランとしてはむしろデータがあっさりしてて
判断しやすいかもしれない。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2018/06/27

星空&ナイトライド・プチ情報

 え~この間、とりにくさんが熱海終電輪行したよ~
って記事で、私も終電輪行したけど、
ライト準備不足でハマったって書いたら、
そんな記事、blogにねえじゃね~か
とおしかりを受けました。
(すんませんblog始める前の話なので)

 で、失敗部分だけ書いてみたら、一部(本当に一部)が
タイトルにある通り、星空撮影やら、ナイトライドやら
する人に役立つかも~っと思い、独立記事で
書くことにしました。

 私が終電輪行をしたのは2回、いずれもトラブル。
1回目は2004、静岡駅終電輪行で、浜名湖一周の予定。
ところが、朝日をみながら相良の海岸線で、
いきなり道がなくなって落車左の薬指打撲で
(いまも少し曲がってる)
 結局なんとか浜松までたどり着いて途中棄権。
なんで浜松輪行しなかったか覚えてないが、
多分浜名湖一周じゃ距離が短いと思って
静岡駅からにしたんだろう、今では考えられない。

 2回目は2005、やはり静岡駅輪行で、この時は、
井川湖の紅葉を見たいと思って、朝早く着くには
終電輪行しかないよな~っと。
 2004と違って山の中、どう考えても普通の装備じゃ無理。
ツールのその15で書いたように、
エクステンドバーを使って2灯状態でSTART。
 ただし、この時は、2灯とも一世代前のもう少し暗い
ライトで、かつ電池代をケチろうと、
メインのライトはエネループに単2のスペーサー
をかまして準備。Lowなら一晩は持つだろうと思ったんだ。
そしたら、確か2時間ぐらい?で切れてしまった。
もう少し早ければ逆にコンビニ補給もできたんだが、
中途半端なんで..

 私が行ったルートは、藁科川沿いを国362→県60
南アルプス公園線
走ったことある人はわかると思いますが、(多分今でも)
静岡市街を過ぎたらコンビニなんてないんじゃないかな。

 まだ一灯あるじゃないかって?まあそうなんだが、
街乗り用の常設ライトは、街乗りでは少し照射パターンが
広めでいいんだけど静岡の山の中じゃ暗すぎて
全然役に立たん。
 ほんと、灯りがすいこまれるって感じ。
 最初はね、月も見えてて、十五夜ではないけど
結構明るかったんだ、だからまあ月明かりがあるから
いいかと思ってたんだけど、段々雲が出てきて、
月明かりも、星明りも無い、当然街灯も無くなる
真の闇っていい暗さ、しかもひたすら登り..
 トイレに行きたくなったけど、福養の滝にトイレが
あるのは以前いって憶えてたんだが、
灯りも無い、あんなトイレとても怖くて用足せない。
(今は改良されたかな?)

 福養の滝とか、あそこから先までは舗装路だったし
確か街灯も時々あった気もするが、暗くてどこ走ったか
憶えてない。
 その先では砂利道になって、路脇ではガサガサなんか
獣の音がするし、カーブではあやまって落ちそうになるし
散々だった、二度とあんな無茶なことはやりたくない。
 灯りが戻ったのは、富士見峠だったかな?

 ということで、どこが役に立つ情報なんだ?
なわけだが、それはここから紹介。
 文章で暗いっと言っても伝わらないよねってこと。
星空撮影をする人にとっては必須なんだが、
ナイトライドの人は知らないかもということで紹介。
 星空撮影する人でも色々光害マップがあるみたいで、
私はこれがピンポイントで明るさがわかるし、
分析元の衛星画像も追加されるみたいで重宝してます。
 ということで、星空撮影で散々書いてきた
光害のレベルを判断できるlightpollutionmap
 これと地図をにらめっこして、サイクリングと
どう組み合わせるか検討する。
 別にメジャーなポイントでなくても、そこそこの
レベルの場所なら見つかるので、
 場所の重要度が3番目ってわけ。
※デフォルトでヨーロッパが表示されるので、
 マウスで日本に移動してください


どんだけ暗いかというと、福養の滝でこんぐらい
指数は0.19
20180627ツール01
っといっても、それだけ示してもわかんないよね。
東京駅はこちら、133.7
20180627ツール02
明るさのスケールはこんな感じ、
東京駅はMAXの40の3倍だ。
上のVIRRSとかATLASとかいうのが計算に用いた
衛星画像みたい。使用するデータによって
値はそれなりに違う、この辺はよくわからん。
(スケールも変わる見たい)
※FAQによれば、いやいや完璧に雲のない状況で
 データなんてとれませんぜってことらしい。

数字の40はスライドバーに
なっていて、ベースマップと光害マップのレイヤーの
透過度を表してる。
地名なんていい、光害レベルをはっきりみたいなら
バーを右にすればいい。
20180627ツール05
で、ATLAS2015だとスケールにClassというのが
書かれてるんだが、クリックすると説明がでてくるが
今一ピンとこないと思ったら、こちらの記事がみつかった
実際に天の川がどう見えるか(あくまで写真撮影して)
目視ではこんなんみえないから
で表示ししてくれるスケール。
※星空撮影する人には常識なんだろうけど
 初めての人は誤解するよな~
※wikiにこのボートルスケール
  あったのでリンクしときます。
 アマチュア天文家のジョン・E.ボートルさんに
 よって考案されたんだって。
20180627ツール06
で、星撮影スポットとしてメジャーな美ヶ原、
まあ周りに施設とかもあるだろうからね0.31
20180627ツール03
関東・中部全景はこんな感じ。
(ピンが美ヶ原)
やっぱ日本て明るいね(ヨーロッパも明るいけど)
一応地図とオーバーレイされてるので、
ナイトライドする時は、そのルートの明るさを事前に
調べとけば(街灯の有無はわからないけど)
以前の走ったルートと比較するなどして、
感覚的に、今のライト装備で十分かどうか
判断できるんじゃないかな~っと
20180627ツール04
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

2018/06/22

星撮影条件(その8)

 え~っととりあえずこれで一旦区切ります。
 一応写真もあります、その7の続きです。

天気>>方向・時間>場所>機材
 の最後が機材。
 いやね、最初殆ど撮影を始める前の情報、
こればっかりだったんだよね
-いわく、一眼、フルサイズでなければ
-いわく、コンデジ(一型等)で
  これだけ撮れるとはおどろいた
-星が流れるの防ぐにはポタ赤必須
-レンズは周辺のコマ収差等云々
-まあこれは明らかに違うとわかったけど、
 赤外カットフィルター改造だ、光害カットフィルターだ

なんかね、初心者、入門者向けと上級者向け情報も、
(都市部含む)星景撮影、(星の軌跡)、
星野撮影、天体撮影もなんかくそもみそも
一緒に語られてる印象。
キッチリ整理された情報がないんでもうわけわからん。
大体初心者・入門者なんて撮ってはみたいが、
そもそも自分が撮りたい分野はなんだろうって、
これから色々やってイメージしてくもんじゃなかろうか?
 私なんかは、一通りはさわっているが
-星景(やっぱその場所ならでは、富士山や桜)
-星の軌跡(これは一回やったからもういいか?)
 タイムラプスも1回やって、現時点順位低下
-星野(天の川とか星座を狙ってるのはこれか?)
-天体(木星・土星挑戦中、星雲もそろそろ)

と、まだ何をやりたいかわかってない初心者です。
wikiだと追尾撮影(ポタ赤等)なら星野で、
 固定なら星景と書かれてるが)

 私の限られた経験で言わせてもらえれば、
上3つ(天気・方向・時間・場所)がほどほどなら
高い機材の意味ないんじゃないの?ってこと
まあ、高い機材無い人間が言ってるので..

 私なんかはこの情報に踊らされた口で、
3・4回目の撮影が今一だな~
ポタ赤でも買ってみるか
→結果、テストで一回持ちだして以来、
 使える場面に出くわせてません。

ということで、天の川の目視レベル
イメージ画像に続き、
 上記では全然対象になってない、
一般的なコンデジのセンサー1/2.3型である
FZ-300での天の川撮影。
 いや初めてLX100で撮影成功した時
撮影時間10分で、もう一本三脚持ちだし、
合わせて撮ってました。
 ただ、時間が無いし、腕が..なので
ピントがあってませんが、十分天の川が写ってるのが
わかります。
一応ほぼ同じタイミングの結果を
左にLX100(サイズを変えて再掲) 右にFZ300です。
ただ、もう明るくなり始めた時間なので、
一応時間も含め条件記載します。
LX100:f=1.7、SS=40秒 ISO1600 3:48
FZ300:f=2.8 SS=60秒 ISO1600 3:44
※現像はDxOの強いコントラスト
 FZ300はJPEGに対する現像処理
20170429荒原の棚田027-1 20170429荒原の棚田061F
もう少し明るくなった時間
LX100:同上 3:55
FZ300:同上 3:51
20170429荒原の棚田028-1 20170429荒原の棚田062F

んで、この時は一眼レフを持ってなかったので..
ということで、APS-CのKPを購入後も
やっぱり比較画像撮ってました

ただ、KPはこの時初めて使ったので
設定的には暗いです。
で、当然FZ300も持ちだしてたので、
この時はLX100も含めて3台持ちだし。
重かった..
まあ、LX100以外はおまけだったので
明るさがあってないのは勘弁。
※現像はDxOの強いコントラスト
 FZ300はJPEGに対する現像

FZ300:f=2.8 SS=50秒 ISO1600
20180325船原087
LX100:f=1.7 SS=15秒 ISO2000
20180325船原011
KP:f=3.5 SS=25秒 ISO3200
SMC PENTAX-A 28mm F2.8
20180325船原088P
え~っと絵的にはKPの上のはISO3200でズルなので
(画角も結構違うし、ピントも一番合ってるし..)
ちょっと暗いが、ISO1600だとこんな感じ
KP:f=3.5 SS=25秒 ISO1600
smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
20180325船原089P

でこれらのカメラのセンサーサイズ
(画素サイズは面倒なので..)
フルサイズを100%とすると
KP:APS-C 43%
LX100:フォーサーズ(4/3) 26%
FZ300:1/2.3 3.4%

KPをISO1600ので比較すると、
別にすぐれてる感じでもない。

結局、センサーサイズは指標の一つであっても
無条件でそれで選ぶべきかというと..
 多分、ポイントになるのは高感度特性だろう。
まあ、それがフルサイズならいいだろうって
ことだと思うが、高感度のノイズレベルは
フルサイズだから必ずしもいいわけじゃないだろうし
(センサーの性能とか使いこなしとか)
高感度特性で選べば必ずしもフルサイズ一択では
ないと思うんだよな~

 でなんで高感度かというと、上のISOに対して、
SSがFZ300とかやっぱ50秒とか60秒だから、
広角で撮っても星が流れるっちゃ流れる。
 高感度特性が良ければISOを上げて、
SSを短くできるから流れるのを防げる。
 それも星景写真を撮る人にとってだ。
星景は、景色と星を両方写し込みたいから、
ポタ赤を使うと、星は長時間露光でも停まるが、
景色が流れる。
 なので、ポタ赤を使わずに景色と星を停めたいって
いうと、高感度特性がいい方が有利というのが
あるだろう。
 星野写真でポタ赤使うんだったら別にFZ300クラスでも
良くない?って気がする。
 もっともFZ300はバルブができなくて最長SSが60秒
だから、これ以上無理だけど。
 あんまこの視点の記事はみかけないが。

 で、高感度を使える場面てどれくらい?というのが
当然ある。
 星を停める以外に、フルサイズだと小さい星も
というのはあるが、それはやっぱ高感度の話だよね?
 大体フルサイズで云々というとこっちの得失が
言われることが多い気がするが、
 でも、それって、光害が無いレベルの撮影条件が
そもそも前提条件だよね?
 光害があれば、小さい星まで写すような設定をすれば
当然光害の方が明るいので、画面が光害で明るく
なるだろうし。
 
 つまり、長野や山梨等の光害の少ない場所で、
かつ天気などにも恵まれてってベストで、
 そこに住んでるんでなければ、そうそうチャンスのない
撮影の為に、それを推奨するってどうなのよ、
 入門・初心者にそれを刷り込んでも、解説本で
書かれてるの簡単に撮れないといやんなっちゃうん
じゃないかな~
 まあ、コマ収差がどうの、点になってないと駄目
というのは、入門者でも初心者でも基本だと
言われりゃ、そうですかとしか言いようがないんだが
 写真は星に限らず、まず撮ってなんぼ、って
考えると(まあただ撮ってても駄目だとは思うが)
もう少し、入門者、初心者にわかりやすい
(近場でもそれなりに練習に納得できる)
ガイドってしてくれないかな~

 というのが、とりあえず写ってうれしいレベルの
永遠に初心者の私の要望です。
※続きが発生しました、その9はこちら
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

三島の苔丸

静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。